S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(417)
(383)
(362)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-30 21:18
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-21 02:52
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-14 13:58
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-08 00:09
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-01 17:04
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-24 19:35
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-18 12:22
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-10 15:54
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-04 17:27
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-02-23 19:05
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ムーンライト・ブレイクSaturday〜'85とフィル・コリンズ
b0055921_0514467.jpg
なんだかんだと多忙な土曜日。この日は夕方より、スタジオ近くの大宮公園で「三条会商店街屋台村」というイベントがあり、お昼の「トワイライト・サタデイ」浴衣美女チームとともに取材へ
で、トモちゃんとともにちゃんと9時前に戻って来て、今週は無事に生放送スタート。

まずは「インディーズ・コレクション」のランキングTOP10を紹介。
今週は返り咲き組が多く、初登場曲がなかったので、アンコール注目曲で、INCENSE「せめて笑えるまで」を再オンエアー。このタイトル、僕が言うとどうしてもきつい関西弁になって、曲の雰囲気を壊してるような・・・。

TOP3の発表を残して、おもむろに「サウンド・ストリーム」。
今週の特集は1985年。日航ジャンボ機が墜落したり、豊田商事事件があったりした年。

続いては「ルーツを探れ!」のコーナー。
今流行りのJ-POPや洋楽ヒットにも、サウンドやフレーズのそこかしこにルーツミュージックが流れています。そこで、毎週いくつか現役アーティストにスポットをあてて、そのサウンドのルーツをあれこれ探ってみようじゃないか、と。
今週ピックアップしたのは、人気絶頂(いろんな意味で)話題沸騰「Orange Range」と、来日する大物バンド「OASIS」。
うん、今回も難しかった。富永くんはOASISをギブアップ。僕はOrange Rangeでちょっとウケを狙ってしまった。それにしても、最近は、洋楽で‘誰でも知ってるロックバンド’って少ないですなあ。日本で洋楽がヒットしにくいのは、わけのわからん規制があったりするからなんですけどね。

そんなわけで、次回からは、ピックアップするアーティストを毎週一組にします。13日の放送では、女性に大人気の「aiko」のルーツを探れ!。
みなさんもaikoについて「きっと○○の影響を受けてるぜ」「ここの雰囲気は昔聞いたあの曲みたい」などなど、いろんなご意見をお寄せください。
もちろん直感的なものでオッケーです。音楽に詳しくなくても全然オッケー。リスナーの立場でお気軽にどうぞ。意外な新しい発見や出会いがあるかも。

続いて「スクール・オブ・ロック」のコーナー。
今週お勉強するのは、80年代後半あたりから超人的な活躍を見せた「フィル・コリンズ」。
1970年にプログレバンド「ジェネシス」に‘ドラマーとして’加入。リーダーでボーカルのピーター・ガブリエル脱退後はヴォーカリストも務め、一気にヒットを連発。1981年には初のソロ・ヒット。その後もバンドとソロ活動の2足のわらじでヒットを連発し、ヒットチャートの常連に。
とにかくタフな人で、第一回ライブエイドでは、イギリスとアメリカをコンコルドで移動して、連チャンでステージをこなしたのは語り草に。他にもバンドを掛け持ちしたり、他アーティストとコラボを連発したり、派手な活動の割には(?)あまり叩かれたりすることもなくって、なんつうか‘いい人’らしいですよ。はっきり言って見た目はハゲ・・・いや、地味で華のない人だけど、まさに才能で輝いている人。僕はあんまりバラードは好きではないけど、この人のバラードは素直にいい曲が多いです。

11時台からはローテーションでもお馴染みの「Spacy Tune」と「ヒットtheビート」の最新版を生収録。

おまけ放送から、先週に引き続き渡辺サチ子さんも登場。しかも今回は、様々な事情でトモちゃんや富永くんまでこんな時間までいたので、先週予告した‘あの企画’がニギヤカに実現!。いやあ、盛り上がった!
どんな企画かって?・・・う〜ん、ほら、男の子なら、何人か仲間がいる時、雑誌や卒業アルバムなんかをめくって‘どの子がかわいい?’みたいな話で盛り上がるじゃない?
それをね、まあ、みんなでやってみたわけですよ。おまけ放送で。
映像付なので、リスナーの皆さんも参加できるというわけ。今回遡上にあがった雑誌は、ナベちゃんチョイスの女性向けヘアーカタログ系(?)雑誌。
さて、次回もやってしまうのか?! 

【オンエアー曲】(今週は1985年を中心に選曲。あえてアイドルは少なめに。)

b0055921_052487.jpg
「CircusBlackMan」冴沢鐘己&Ten Days' Wonder

「せめて笑えるまで」INCENSE
「夕暮れの街」fau.

「NO. NEW YORK」BOOWY
「白い炎」斉藤由貴
「Young Bloods」佐野元春

「パートタイム・ラバー」Stevie Wonder

「Whatever」Oasis
「Old Dirt Road」John Lennon
「Holidays In The Sun」Sex Pistols
「お願いセニョリータ」Orange Range
「Pulse」The Mad Capsule Markets
「以心伝心」Orange Range
「All Day And All Of The Night」The Kinks
「100%…Soかもね!」シブがき隊

「シャイニンオン 君が哀しい」LOOK

「Sussudio」Phil Collins
「I Missed Again」Phil Collins
「Nuclear Burn」Brand X
「恋はあせらず」Phil Collins
「見つめてほしい」Phil Collins

「いとしさは、」Orange Pekoe
「サンクチュアリ」Orange Pekoe
「Bee Tee's Minor Plea」Booker Little

「One After 909」The Beatles
「I've Got A Feeling」The Beatles
「For You Blue」The Beatles
「The Long And Winding Road」The Beatles

「Let's go down the street」The Street Sliders
「教室」森川美穂


DJ 冴沢鐘己、堀家博之、石橋知美、富永春樹
放送時間〜毎週土曜9時〜11時(ネットラジオも生放送

[PR]
by fmgig | 2005-08-13 00:59 | ムーンライト土曜 | Comments(0)
<< Vol.18〜The Beat... 今更ですが… >>

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.