京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(420)
(386)
(365)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-20 17:13
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-13 15:19
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-04 17:01
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-30 21:18
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-21 02:52
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-14 13:58
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-08 00:09
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-01 17:04
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-24 19:35
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-18 12:22
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 82 )   > この月の画像一覧
ムーンライト・ブレイクSaturday〜9月24日
今週もゲストが登場!

大阪を中心に精力的な活動を展開中のアーティスト集団「@Production」の方々がお見えになりました。メンバーはミュージシャンだけでなく、映像や写真などのクリエイターが加わっているのがユニーク。
詳しいプロフィールや話題満載の活動内容などは、10月から始まる新番組でたっぷりお伺いしているので、そちらをお楽しみに。
公式ホームページはこちら

そんなんで、ゲストの皆さんにも生放送にたっぷり参加していただきました。

まずはお馴染み「サウンド・ストリーム」。
ヒットチャートをもとにしたクイズっぽいことをやってます。

続いて「バンドやろうぜ!」。
いつの時代もバンドをやるのはあこがれのひとつ。年齢も性別も関係ないですよ。
でも、じゃあ、いったい何からどうやればバンドができるの?
そう、そんなあなたのためにこのコーナーはあるのです。
第3回のテーマは『バンド名を決めよう!』。
やっぱりね、スタジオに入るより、ましてやライブをする前に決めなきゃならないのが‘バンド名’。これがまた難しいんだけど楽しい一瞬でもあるわけで、さっそく侃々諤々。
いちおう前もって考えてくることにしてたんだけど、なぜかウケ狙いが多い。でもヘンなのに決めちゃうと、後々恥ずかしい思いをするから考えもの。覚えにくいのも駄目だし、簡単すぎるのも、ネット検索でなかなか出てこないし、ね。
あれこれ意見を戦わせた結果、結局トモちゃんの考えてきた「ファーフリー」で決定。
さ〜て、定着するかな。
バンド名が決まったら、次に決めなきゃならないことは?・・・まだスタジオには入らないですぜ。
そう、次回は、メンバー全員の愛称(?)を決めます。これは恥ずかしい(?)ことになりそうだ。
b0055921_23365892.jpg
そして「ルーツを探れ!」。
今流行りのJ-POPや洋楽ヒットにも、サウンドやフレーズのそこかしこにルーツミュージックが流れています。そこで、毎週1組の現役アーティストにスポットをあてて、そのサウンドのルーツをあれこれ探ってみようじゃないか、と。
今週ピックアップしたのは、ベスト盤をリリースする「山崎まさよし」。まあ、ブルースだろうなあと見当はつくんだけど、あのちょっとオシャレな雰囲気は、さてどこから来てるのか、そこがポイント。久しぶりに富永くんがシブいところを出してきました。キャロル・キングとはねえ。堀家くんと僕は、やはりビートルズあたりから物色。今回は僕のセレクトもいいところを突いてましたぜ。

次回ピックアップするアーティストは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの、「中島美嘉」。
みなさんも中島美嘉について「きっと○○の影響を受けてるぜ」「ここの雰囲気は昔聞いたあの曲みたい」などなど、いろんなご意見をお寄せください。
もちろん直感的なものでオッケーです。音楽に詳しくなくても全然オッケー。リスナーの立場でお気軽にどうぞ。意外な新しい発見や出会いがあるかも。

今日はここで、ローテーションでもお馴染みの「Spacy Tune」。富永くんはゲストを残したまま帰っちゃいました。
代わりに、おねむモードのトモちゃんが最後までいる!

そしてラストはお待たせ!「インディーズ・コレクション」。今週も最新の集計結果をもとに、公式サイト発表前の未発表最新ランキングを紹介します
今週は新曲が2曲ランクイン。上位に大ジャンプ曲が!。

ラストに、なんとこのブログでリクエストを頂いた曲をオンエアーしました。今回のゲストさんがクラブ系っぽい感じだったので、ほとんどアコースティックな曲はかけられませんでしたが、秋の夜はアコースティック(というかフォーク)ですよ、やっぱり、ね。

そんなこんなで、ゲストの皆さんはおまけ放送までいてくださいました。新バンド「ファーフリー」について、とても画期的なアイディアが次から次へと!! それを全部実行に移したら、売れること間違いないんだけどなあ。でも約1名が難色を示しているので、実現は難しいかなあ。続報は、次回のおまけ放送を聴くべし。

次回10月1日(土)は、1978年あたりが狙い目かも。

【オンエアー曲】(今週は1979年を中心に選曲。)

b0055921_23415416.jpg
「Love Takes Time」Orleans

「万華鏡」岩崎宏美
「風を感じて」浜田省吾
「きみの朝」岸田智史
「想い出のスクリーン」八神純子
「we love the earth」@Production

「夜明けのマイウエイ」パル
「a day」原田真二
「Chuck E's in Love」Rickie Lee Jones
「C調言葉に御用心」サザンオールスターズ

「月明かりに照らされて」山崎まさよし
「Brother, Brother」Carole King
「Don't Pass Me By」The Beatles
「Great Day」Paul McCartney

「甘い恋」小島麻由美
「dibbi dubbi daa」小島麻由美
「Totem Pole」Lee Morgan

「Short Story」SHIKIJIKA
「Road Movie」Mazik Floor
「アポロ」theater
「Click!」21Blades
「into me」Free Cube
「stamp」kicori
「GP」EEE
「キャラメル」fau.
「夏雲 feat.ki☆ki」ugaman
「tree」中島健作

「Got To Be Real 」Cheryl Lynn
「まほろば」さだまさし


DJ 冴沢鐘己、堀家博之、石橋知美、富永春樹
放送時間〜毎週土曜9時〜12時(ネットラジオも生放送


b0055921_23491393.jpgb0055921_2349356.jpg
[PR]
by fmgig | 2005-09-30 23:43 | ムーンライト土曜 | Comments(0)
~華流楽園Vo8~今週も周杰倫(ジェイ・チョウ)の来日レポートをお届けします!
你好(^o^)丿。シャオフーです!!
皆さんお元気ですか?最近やっと秋風が気持ちよくなってきましたよね。
素敵な秋を過しましょうね(^_-)。

【おしえてチャイニーズ!!】
さぁ、皆さんと学ぶ中国語講座!今回は先週の続き、数字編です。
0から10まで学びましたね。その数字を使って11以降の数字の読み方を学びましょう。
中国語の数字は本当に簡単なのです。
例えば11の場合、10と1の組み合わせですよね!
なので10は『シー』、1は『イー』・・・・ということは、11は『シーイー』と読みます。どう?簡単でしょ?? 20の場合も2と10の組み合わせ、『アールシー』となるわけです。このように数字を組み合わせてそのままその通りに読んでください。
続いて位も勉強!100、百は『バイ』なので1+百で『イーバイ』、1000、千は『チエン』なので1+千で『イーチエン』、10000、万は『ワン』、1+万で『イーワン』。
発音はオンエア―でチェックしてくださいね。次週は9月のまとめです。

さてエンディングは華流エンタ。先週に引続き、周杰倫(ジェイ・チョウ)の来日レポートをお届けしました。今回は映画『イニシャルD THE MOVIE』の舞台挨拶付きプレミアム試写会イベントの模様を、実際に行ってきた方の生レポートを紹介!

『そして、夜7時半から新宿東急にて、舞台挨拶付きプレミア試写会が行われました。今度はイベントのメンバーの他に、劉偉強(アンドリュー・ラウ)監督と、杜[シ文]澤(チャップマン・トー)が加わり、さらに最強軍団に。またアンソニー・ウォンは和服で登場。これがまたお似合いで拍手喝采を浴びていました。
ここでもまた順番にインタビュー。ジェイはまたちょっと恥かしそうにうつむきかげんでした。鈴木杏ちゃんが「ジェイさんが手品をしてくれて」とかコメントしたところ、「手品やってよー」という雰囲気に。・・・・・・・』
さぁジェイの手品はどんなのだったのでしょうか??その続きはオンエア―をチェックしてくださいね。
ラストナンバーはその映画の挿入歌、周杰倫『一路向北』を。これはジェイが映画の中でキスシーンを演じたとき、とてもロマンチックな気分になって、そのままの気持ちを曲にしたそうです。甘いジェイの歌声をお楽しみください♪

では謝謝!!シャオフーでした(^o^)丿。

小原かずよ

「華流楽園」放送時間
〜月曜・水曜・日曜PM2:00、火曜PM7:30、水曜深夜2:00、木曜PM1:00、金曜PM6:00、土曜PM7:00
b0055921_22421637.jpg

[PR]
by fmgig | 2005-09-30 22:41 | Comments(0)
モテる男モテない男―ミヤケ先生の恋愛術  著:ミヤケ良  定価:1,575 円(税込)
★恋愛のプロ・ジゴロミヤケが手の内をあかす。ズバリ、「恋愛はメガネだ!」。

目次:
1 きょうからできる美人女性DJとのデート術
2 ミヤケ流男はこうして磨かれる…基礎編
3 君のノリツッコミは本当にそれでいいの?
4 お笑い芸人に学ぶ女の心理、奥の奥
5 ミヤケ流男はこうして磨かれる…応用編

「町へ出よう、女を見よう」「ミヅカミ玲花をくすぐるのはイカしたボケ」「恋の失敗は買ってでもしろ」など、B型の処方箋の勝利者である著者が明かす恋愛術。

http://books.livedoor.com/item_detail&id=867939.html


★音楽vsMUSICvsリクエスト&シャッフル 2ndステージ勝敗表
b0055921_22475791.jpg
1・音 楽    30戦13勝  勝率.433
2・R & S    30戦10勝  勝率.333
3・MUSIC     30戦7勝   勝率.233



『R&S』、2ndステージ初勝利の3ポイント奪取で単独2位へ。『音楽』は手堅く2ポイント獲得で首位堅持。『MUSIC』痛恨のノーポイントで早くも脱落か!?

b0055921_22481787.jpg
★今週判明した"TotalPackage"TAMのiPod
 『迷い道』  渡辺真知子  12/1130
 『異邦人』  久保田早紀  13/1130







 ★ 『ムーンライトブレイク木曜日』放送時間〜毎週木曜9時〜11時

     担当 "TotalPackage"TAM、三宅良、水上玲花


 ★毎週木曜11時からは『ムーンライトブレイクEXTRA・木曜日」』(←こちらをお楽しみいただくには、fmGIG TOPページからメールマガジンに登録していただく必要があります♪)

担当 "TotalPackage"TAM、三宅良、水上玲花、ビっツ!田中、冴沢鐘己
[PR]
by fmgig | 2005-09-30 12:38 | Comments(0)
9/28 ムーンライト水曜日♪
この一週間は、23日teiさん単独インタビューに東京へ、27日は京都パープルサンガの平井選手・星選手・加藤選手に取材しに城陽へ行ってきました。
サンガに関しては、詳しい話は「スポーツ軍曹」のタカ兄貴が聞いてくれました。
なので、ムーンライト水曜としては、プライベート寄りの質問をさせてもらいました♪
10月以降にスポーツコーナーにてお話ししたいと思います~~~。

『韓国エンタメニュース』
1. 韓流オールスターサミット大盛況に終了
チャン・ドンゴン、クォン・サンウ、イ・ビョンホン、キム・スンウらのトップスターたちが一所に集まった今回の行事は、韓日修交40周年を記念して開かれたもので、雨にも関わらず、大勢の人々が集まりました。(2万4千席完売!)
1、2部に分けて進められたこの公演は、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、クォン・サンウ、キム・スンウが自分の代表ドラマと映画の映像と共に話をする方式で進められました。
一方、23日、4大スターが入国した羽田空港には、開港以来初めて入場制限という処置が取られたそうです。
b0055921_238140.jpg
ムーンライト水曜では、このイベントに出演するteiさんにスポットを当て、リハーサル終了後にインタビューをさせていただきました。
黒のシャツと黒のズボン、お髭ありの全体的にシックな出で立ちで、大人っぽく見えました。
割とリラックスされてたようで、表情もとても良かった印象があります。
インタビュー内容としては、お聞きいただいた通り!なのですが、ここでは一部抜粋という形で報告します。
(そうとう長くなってしまうため、ご了承ください~)

~オールスターサミットについて~
Q:今回の「オールスターサミット」は日韓友情年の公式行事にも組み込まれていますが、出演が決定したときの気持ちを教えてください。
A:40年の歴史を振り返ると凄く意味があると思います。そのイベントに参加できて、「頑張らないと・・」という気持ちになりました。

Q:今回のイベントでは沢山の韓国芸能人が一同に集いますが、韓国でもめったにないことなんですよね?
A:そうです。歌手だけのイベントというのはあっても、俳優も一緒にというのはありません。

Q:会場もかなり広かったと思うのですが、リハーサルを終えてみてどうでした?
A:音響がとても良かったですね。とても歌いやすいです。

~大阪グランキューブを終えて~
Q:大阪コンサート以後のこともお聞きしたいのですが。。
大阪グランキューブでのコンサート以降、ご自身の気持ちに変化はありましたか?
A:今まで以上に距離が近くなったように感じています。もっと頑張りろう、という気持ちが起こりました。

Q:韓国のファンのかたと、日本のファンのかたにそんなに違いはなかったですか?
A:日本のかたは、韓国語だと歌詞が分からないじゃないですか、だからなんですが、韓国のファンの中で盛り上がるところが日本では静かだったりしました。
でも、アップテンポの曲では、日本のファンの方々のほうが盛り上がってました。

~3集について~
Q:11月頃に3集が出ると伺っていますが、どんなアルバムに仕上がりそうですか?
A:3集も今までの流れに沿ったような、切なかったり、心温かくなったりで・・1集もそうでしたが3集も東京でマスタリングするんですよ。なので似たような感じでたぶん仕上がる感じです。
2集の時の方が結構・・自分の考えですけどいっぱいいっぱいというか。。3集に関してはもっと心が入ってるような・・そんな感じです。

Q:日本デビューというのはまだになるんですよね。
A:3集のリリースで日本デビューというのはまだ早いというかんじで、これから・・今回のようなコンサート、それは結構やります。

Q:日本デビューするかたというのは、曲を日本語で歌ったり、ということをされるんですが、私だけなのかどうか分からないんですけど、日本語で歌うという気持ちは凄く嬉しいんですけど、それよりも母国語の韓国語で歌ってられるほうが、意味は分からなくても伝わってくるので、個人的には韓国の歌詞がすきなんです。
でも、ゆくゆく日本デビューとなったときは、やはり日本語の歌詞というのは視野に入ってくるのでしょうか?
A:日本デビューをするとしても、自分が日本語を喋れるわけでもないし、意味もわからないじゃないですか。
そういう面で、自分の歌というのは感性溢れるもの・・そういう感じなので、意味を全く分かってない自分が相手に伝えるのは難しいと思うので、出来れば韓国語でそのまま勝負していきたいです。

~その他~
Q:歌以外のことも伺いたいのですが。お休みの日は何をされてますか?
A:休み・・休み・・休み~・・・(笑)休みとったことって結構昔のことというか、最近休みとれてないんですが、しいて言うとすれば、職場の人と映画を見に行ったり、バスケットボールしたり、という感じです。
ゆっくり休みをとったという記憶が最近ないです。

Q:休みほしいですか?
A:(吹き出して周りを見渡す振り)まだ大丈夫です。

Q:そういえばteiさんは一度映画に出演されてますよね。
A:(うつむいて笑う・・・周りも失笑)あれは・・友達が出てて・・(友情出演らしい)それで出してもらったんです。

Q:例えば今回出演するPiさんは歌手と俳優を両立されてますが、teiさんは俳優も・・という考えはなく、歌一本でこれからも行かれます?
A:演技できないし、その資格もないと思ってます。歌一本でいきます。

~ファンのかたへ~
Q:日本ファンの人達がteiさんの公式ファンクラブを作ろうという動きがあるんですが、それはご存じですか?
A:韓国でも公式ファンクラブというのはないんです。それは・・個人的に考えるのは、みんな自ら作ったファンクラブっていうより、韓国では事務所が入ったり、そういうのがあれなんですが。。
そういうことやっちゃうと、普通のファンの方、CDを買って「あ、いいな」て思う方がファンクラブじゃないからそこから離れちゃうというような・・そういう感じがあるかなって思ってたんですけど、韓国では。
で、日本ではファンの方みんなが、自分たちで話をしてそれをやっていきたいというその話を聞いて、非常に嬉しいし、そういったファンのみなさんになんらかの形で、もっと自分を見せていきたいとおもいます。

Q:最後になりますが、このラジオを聞いてる人というのは、関西の方が多いんですね。明日のコンサートはいけないけど、その変わり10月の大阪には行きます、という方も多いと思います。
関西だけじゃないですけど、そういうファンの方々にメッセージをお願いします。
A:大阪というところは、自分のなかでも特別なところだし、あと・・大阪というところを考えると、いろんな思い出があるところなんで、今回大阪に行く時間までみなさん応援してください。

だいたいですが、このような形で約25分ほどのインタビューを行いました。
う~ん・・・やっぱり好青年でしたね~。

『ピックアップムービー』
今日のピックアップ・・・ 「反則王」
~ストーリー~
イム・デホは、遅刻の常習犯で営業成績もビリの銀行員。同じ行員のチョ・ウニに片思いをしているが、告白すらできず未だに彼女もいない。そんな彼には、何かにつけてヘッドロックをかけてくる天敵のような上司がいた。ある日、デホは、寂れたプロレス・ジムの「会員募集」の張り紙を見つけ、上司のヘッドロックをかわしたい一心で、チャン館長に入門を申し込む。しかし、ジムの中で往年の反則レスラー、ウルトラ・タイガー・マスクの写真を見つけたデホは急に興奮してまくしたて始める。実は、彼は幼い時にウルトラ・タイガー・マスクに憧れていたのだ。一方、チャン館長はデホを入門させるか躊躇していたが、人気レスラー、ユ・ビホのプロモーターから当て馬として反則レスラーを仕立てあげてくれと頼まれ、ジムの経営難を解消するためにデホの入門を許す。そして、チャン館長の娘ミニョンから特訓を受けたデホは、ついに反則レスラーとしてデビュー。駄目サラリーマンだった彼は意外にもリングの上で悪役としてのパフォーマンスを発揮する。
b0055921_2322415.jpg
(公開 2000年)
[監 督] キム・ジウン [第2作]
[出 演] ソン・ガンホ  → イム・デホ 銀行員
   チャン・ジニョン → チャン・ミニョン チャン館長の娘
   キム・スロ → ユ・ビホ タルチのプロレスラー
   チャン・ハンソン → チャン館長

キム・スロ演じるユ・ビホとソン・ガンホ演じるイム・デホの試合がかなり面白かったですね。

韓国のプロレス界では、現役のイ・ガンサン選手のリング・ネームをウルトラ・タイガー・マスクに変えて、本物のウルトラ・タイガー・マスクとしてデビューさせ、しかも劇中ソン・ガンホが使用したユニフォームやマスクと全く同じデザインのものを着用するという案が検討されたそうです。
そして、韓国では、ソン・ガンホのサインが入ったウルトラ・タイガー・マスクのマスク風水泳帽が付録で入っている特別DVDが発売されたということなんですが・・・あれをかぶって泳いでる人いたらかなり面白いですね~・笑。
そうそう、個人的に見逃せなかったのは、不良少年役にシン・ハギュンが友情出演で出てたこと!

来週は「同い年の家庭教師」をピックアップ♪

マリ(from くるみ)

「ムーンライト・ブレイク水曜日」担当 マリ&三輪智子
放送時間〜毎週水曜PM9:00〜11:00(生放送)

[PR]
by fmgig | 2005-09-29 19:22 | ムーンライト水曜 | Comments(3)
癒しの小びん9/3〜4週分
今回のテーマは「書」
習字も書ですが、皆さんに見ていただきたいのは「アート(デザイン)書」。
普通にきれいな字で書くのではなく、言葉に対する思いを込めて、絵を描くように字を描く。
プロの作品はもちろん良いと思いますが、夜の商店街を見に行くと、アマチュアのアーチスト・ミュージシャン等々たくさんいらっしゃいます。(場所によりますが・・・)
ストリートでお気に入りの書家さんを見つけてみてください。
同じ言葉でも、書人が違うだけで雰囲気もかなり違う。おもしろいです。
■癒しの言葉
今回のことばは
「いただきます。ごちそうさまでした。」
です。
人は食べないと生きていけません。
食べるという事は、他の動植物の命をいただく事。
そう思うと言わないと気がすまなかったりしませんか?
今回はこんな感じです。
次回の小びんもお楽しみに。

嶺村明香

「癒しの小びん」放送時間(変わりました)
〜月曜AM10:30、火曜AM11:00、水曜AM11:15、木曜AM11:30、金曜AM11:45、土曜お昼12:00、日曜PM3:15

[PR]
by fmgig | 2005-09-29 14:55 | Comments(0)
今週も来日おめでとう企画!
最近、携帯を新機種に変えたくて仕方ないスージーです!2年半使い続けたこのケータイ。自分の自転車で踏んじゃったりしてもうボロボロ…ネジも取れて基盤がむき出しになりそうだ!
ドコモの504シリーズなんて今時誰ももってないもんな…

先週に引き続き今週も来日おめでとう企画です!秋になっておセンチになっているそこのあなた!是非チェックして秋もテンション上げて行こうよ!

①THIS FIRE/FRANZ FERDINAND
②VIRTUAL INSANITY/JAMIROQUAI
③GIRLS,GIRLS,GIRLS/MOTLEY CLUE


どのアーティストもテンション高いライブをヤッってくれそうだ!

フランツは今ボンジョヴィが一番友達になってみたいバンドなんだそうな。

ジャミロは人気に応えて追加公演があるぞ。

モトリーのライブはかなりゴージャスなショウになりそうですな。
このオリジナルメンバーではもう来ないらしいしね。あんだけ過去にいざこざがあったのに良く再結成したよなあ…

DJ スージー

「Deep Rock Show」放送時間
〜月曜・水曜PM2:30,11:45、火曜PM7:15、水曜深夜2:45、木曜PM1:30、金曜PM6:45、土曜PM7:45、日曜PM2:30

[PR]
by fmgig | 2005-09-28 20:24 | Comments(0)
第六回:木野と岩倉編
この番組は、藤田七瀬が「出町京極歴史探偵団」の宇野さんとともに、京都の隠れた歴史スポットを訪ねる番組です。
しばらくは京都の叡山電鉄沿線を、駅ごとに歩いていきます。
第六回は・・・
【木野】編
■ 妙満寺(みょうまんじ)
 木野の駅から南へ2、300メートル歩いて、妙満寺というお寺にやってきた。
大きなお寺で、刈り込みがきれい。
中にはインドかどこかにあるような塔(ストゥーパといったほうが良いか)が建っているのも見えます。いろいろと不思議なものがありそうなお寺です。

<解説>
道成寺の鐘
雪の庭
ストゥーパ
b0055921_15292645.jpgb0055921_15304451.jpg
b0055921_15305014.jpgb0055921_15294751.jpg


【岩倉】編
■ 岩倉具視旧邸宅
幕末・明治時代に活躍した貴族である、岩倉具視が住んだ屋敷にやってきた。岩倉具視というと、明治政府で重要な役目を務めた方と聞いているので、立派な屋敷かと思ったら、小さな普通の家のようです。本当に、こんなところに住んでいたのか?

b0055921_15344035.jpgb0055921_15333754.jpg
b0055921_15334462.jpg
b0055921_15363419.jpgb0055921_15364140.jpg


担当 藤田七瀬、解説 宇野通

「京都・歴史ウォーカー」放送時間
〜月曜PM8:00、火曜深夜0:00、水曜深夜1:00、木曜深夜4:00、金曜深夜3:00、土曜PM5:00,深夜1:00、日曜深夜1:00

[PR]
by fmgig | 2005-09-28 15:36 | Comments(0)
今週は1979年のチャートから
今週もゲストが登場!

大阪を中心に精力的な活動を展開中のアーティスト集団「@Production」の方々がお見えになりました。メンバーはミュージシャンだけでなく、映像や写真などのクリエイターが加わっているのがユニーク。
詳しいプロフィールや話題満載の活動内容などは、10月から始まる新番組でたっぷりお伺いしているので、そちらをお楽しみに。
公式ホームページはこちら

そんなんで、ゲストも加わった総勢8人で賑やかにスタート!

■‘タイムトラベル’のコーナー。
ある年の(微妙な)ヒット曲を聞いて、その曲が当時どれくらいヒットしたかを推理してもらいます。出題者はもちろん僕、冴沢鐘己。解答者はもちろん、堀家、富永、石橋の3人。プラス、@Productionのみなさん。
今週は、1979年のヒットチャートから「風を感じて」「きみの朝」「想い出のスクリーン」の3曲を選びました。
このうち2曲はTOP20に入るヒット曲ですが、1曲はTOP20にランクインしていません。それぞれ最高位は何位でしょうか。
解答者には何の予備知識も与えず、楽曲の印象だけで判断してもらいます。
皆さんも、ずばり当ててみて下さい。
今週は、なんと正解者続出!。

□‘タイムカプセル’のコーナー。
同じく1979年のヒットチャートの中から、今こそリメイクorカバーしてほしい‘隠れた名曲’を、冴沢鐘己がチョイス。あなたもプロデューサー気分で、誰をシンガーに選んでどんな風にアレンジするか、考えて下さい。
・・・と言いたいところだけど、何せ解答者が多くて時間がオシてしまい、今週はお休み。生放送ではちゃんとやりましたよ。ちなみに選曲は「夜明けのマイウエイ」パル&「a day」原田真二でした。

さて、来週は何年のヒットチャートが飛び出すか?! お楽しみに♪

b0055921_1410576.jpg
【オンエアー曲】
「万華鏡」岩崎宏美
「風を感じて」浜田省吾
「きみの朝」岸田智史
「想い出のスクリーン」八神純子
「we love the earth」@Production




DJ 冴沢鐘己、石橋知美、堀家博之、富永春樹
Showkyよもやま話

サウンド・ストリーム 」放送時間
〜月曜深夜0:00、火曜深夜3:00、水曜深夜4:00、木曜PM8:00、金曜深夜1:00、土曜PM9:00〜(生放送)、日曜深夜4:00


毎週土曜夜9時からの生放送もお聴きくださいまし♪


b0055921_152299.jpg

[PR]
by fmgig | 2005-09-28 14:12 | サウンド・ストリーム | Comments(0)
今週も。。☆おつき合いしてください。The Rasmus♪
b0055921_13473736.jpg
iTunesのFinland版では、アルバム発売後ずーとシングル&アルバムのデイリーチャート1位をキープし続けています!(10日以上!)
これまた、今週のHMV日本チャートでは限定版が61位(1ランクダウン....)
その上、iTunes日本版では、The Rasmusの曲取り扱ってません。。。
この温度差は、なんでしょう??
ちなみに、次回シングルカット曲は前回オンエアした「sail away」だそうです〜

Night After Night(Out of the Shadows)
タイトルからもわかるように、大ヒットシングル「in the shadouws」の続きとなるような曲。
といっても、曲の感じが似ているわけじゃないんですが、ストーリーが似ている、、という事らしいです。

Dead Promises
もうノイズでもよく、オンエアしているApocalypticaが参加している曲です。
Apocalypticaが参加していると聞いて、彼らのチェロの音が目立っているのかと思っていたのですが、うまくThe Rasmusらしく作ってるなぁ〜と思いました。
歌詞の中にアルバムタイトルでもある「hide from the sun」を使っている所が、Apocalypticaを、重要なポイントで参加してもらってる感じがします。

Keep Your Heart Broken
アルバム後半しっとり曲も多いですが、この曲もそんな感じで気に入ってます♪
これまた歌詞が悲しくて、なんかせつないです。
「12月には戻るつもりだった」
ってのは、なんか生々しいです。。

produced by 山田雪枝
DJ おのあきこ

「Stylish Noise」放送時間
〜月曜PM1:00,11:00、火曜、水曜・土曜PM1:30、木曜PM1:15、金曜PM1:45、日曜PM1:00,5:00

[PR]
by fmgig | 2005-09-28 13:46 | Comments(0)
鈴木悟選手インタビュー(前編)&9/24観戦レポ
b0055921_1542198.jpg
パープルサンガ選手インタビュー、前回までの両選手のポジションがMFだったのですが、今回登場する鈴木悟選手のポジションはDF。別のポジションならではのお話が聞けるのでしょうか?

今年好調の要因は?との質問には、柱谷監督の目指すサッカースタイルに選手が共感し、その理想にいかに近づけていくか、という順応性がうまく機能しているからではないか。とおっしゃられていました。

長いシーズン、モチベーションを保つ秘訣を聞くとたとえ、控えにまわっている場合でも、常に試合に出ることを想定して、準備をしておくこと。
そして、つまらないところでケガをしないように心掛ける。基本的なことをしっかりとに心に刻んでおられるのです。

今年、ブラジルからフィジカルコーチを招き、フィジカル面でもパワーアップしたチームは
それによって、最後まで粘れる集中力もついたそうです。
第4クールもその粘りのあるチームプレイを見せてください!!

さて、前回の日記で予告したとおり、先日9月24日に西京極総合競技場で行われた、
京都パープルサンガ 対 コンサドーレ札幌戦にわれわれ記者として観戦取材させてもらいました。

風は強かったですが爽やかな秋晴れのなか、集まった観客は9,426人!そんなたくさんのお客さんに楽しんでいただこうと、試合開始前には龍谷大学チアリーディング部による応援パフォーマンスが華やかに盛り上げていました。
このチアリーディングが・・よかった!
もとい、素晴らしい技術に見とれたってことです!

ようやく試合が始まり前半8分、いきなりサンガのアレモン選手が突き刺さるようなシュートで先制し、その後32分に加藤選手、43分にはパウリーニョ選手が加点し、完全にサンガペースで
前半終了。後半になって、ややコンサドーレに攻められるシーンが目立ちましたが、後半21分相手のオウンゴールによる追加点で試合は4−0でサンガが勝利しました!!

試合後監督記者会見にも参加し、その中で「前半は完璧」と監督もおっしゃっていましたが、やはり後半は札幌に攻められていたシーンが目立ちましたので、このあたりが今後の課題でしょうか。

そして、スポーツ軍曹として忘れてはいけないのがマスコット!
生でパープルサンガのマスコット、”パーサくん”と”ことのちゃん”を観てきましたよ!!
チアリーディング部の先頭と最後尾でグラウンドを一周したり、招待された子供達をエスコートしたりと大活躍の二体でしたが、結論は”ことのちゃん”は走っちゃダメ!!ってこと。
せっかくの女性キャラが走ると手(羽)がビラビラとなってなんかコワい。

記者取材なんて初めての我々二人は、競技場に着いても記者席がどこかもわからない始末でこっそりサンガの広報の方に教えてもらいました(汗)。
試合後の監督記者会見も、居場所がわからないまま最前列を確保!しかし質問はできずじまい・・。

これからも機会があればしっかりと試合なども取材もしつつ、ユル〜い部分も見落とさない
「スポーツ軍曹〜おかわり もう一杯!〜」をどうぞお楽しみに!!
それでは次回も、おかわり、もう一杯!

担当 堀家博之&ビっツ!田中

「スポーツ軍曹」放送時間
〜月曜・水曜PM7:45、火曜・土曜PM12:15,11:15、水曜・日曜PM7:45、木曜PM6:45、金曜PM1:45,深夜2:15、

[PR]
by fmgig | 2005-09-28 13:20 | Comments(0)

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.