京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(421)
(387)
(366)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-26 12:11
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-20 17:13
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-13 15:19
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-04 17:01
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-30 21:18
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-21 02:52
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-14 13:58
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-08 00:09
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-01 17:04
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-24 19:35
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 03月 ( 75 )   > この月の画像一覧
Spacy Tune 3月 第五週
[u] Urban Barbarian / NANIWA EXPRESS

[n] Num-Ami-Dabutz / Number Girl

[z] zoo / Native

[o] overstretchin / Jury man

フュージョンあり、ロックあり、HipHopあり、

なんともまぁ破天荒な週になってしまいました。

zooだけに動物園状態です。。
[PR]
by fmgig | 2006-03-29 23:55 | Comments(0)
今週は2nd.ステージ最終戦、1983年のチャートから
Podcast用ミニトークもあります♪
いよいよやってきました、2nd.ステージ最終戦。会場はなんと東京都内の某所。ゲストも登場して、決戦の火ぶたが切って落とされる!!

■‘タイムトラベル’のコーナー。
ある年の(微妙な)ヒット曲を聞いて、その曲が当時どれくらいヒットしたかを推理してもらいます。出題者はもちろん僕、冴沢鐘己。解答者はもちろん、堀家、富永、石橋の3人。

今週は、1983年のAmerican Top40の年間ランキングから「She Blinded Me With Science」「Come On Eileen」「Hey Mickey」の3曲を選びました。どれも最高位1位を獲得した大ヒット曲です。一発屋でしたが。さて、年間ランキングでは何位でしょう?
解答者には何の予備知識も与えず、楽曲の印象だけで判断してもらいます。
皆さんも、ずばり当ててみて下さい。

※なまじ知ってる曲が入ると、判断が狂いますよね。さ、トップを走るトモちゃんの運命やいかに?!

☆先週(第11戦)までの獲得ポイント
#1 石橋 279pt
#2 ビっツ! 342pt
#3 堀家 374pt
#4 富永 388pt

 ※富永と堀家、完全に脱落で最下位争い。ビっツ!、奇跡の逆転なるか?!
総合ポイントグラフ
b0055921_18523678.jpg

毎戦のポイントグラフ
b0055921_18531479.jpg

★ポイントの計算法
各自・各曲の予想順位と実際の順位との差を加算します。つまり、予想順位と実際の順位とが近いほどポイント(合計点)が少なくなるので、ポイントの少ない方が成績優秀となります。
グラフでは、下のラインの方が成績優秀となります。

□‘タイムカプセル’のコーナー。
今週はお休みです。急きょ、参加していただいたおふたりのゲスト(竹上久美子さんとTOYさん)に、やっとまともにお話しをうかがいました。つっても、成績の良かったおひとりにだけですが。竹上久美子さん、点数のつけ方がものすごいオトコマエでしたよ。

b0055921_19313514.jpg
【オンエアー曲】
「Every Breath You Take」The Police
「She Blinded Me With Science」Thomas Dolby
「Come On Eileen」Dexy's Midnight Runners
「Hey Mickey」Toni Basil
「黄色い自転車」竹上久美子




b0055921_1853446.jpg b0055921_1854813.jpg





DJ 冴沢鐘己、石橋知美、堀家博之、富永春樹
Showkyよもやま話

サウンド・ストリーム 」放送時間
〜月曜PM7:30、火曜PM8:00、水曜PM11:00、木曜PM8:30、金曜お昼12:30、土曜PM9:00〜(生放送)、日曜PM7:30


毎週土曜夜9時からの生放送もお聴きくださいまし♪

[PR]
by fmgig | 2006-03-29 18:34 | サウンド・ストリーム | Comments(0)
HIM in クアトロ
大阪公演行ってきました!
18日土曜だったのですが、私は勘違いして10分ほど遅刻してしまいました(^_^;
なので、たぶん肝心のwings of a butterflyが聞けませんでした。
しかも、キーボードの調子が悪かったようで、
一時中断。
それでも、お客さんはたくさん入っていて
とても盛り上がっていました。
「Vampire heart」の時は、「キョンシーハート」なんて歌って盛り上げていました。
会場が小さいだけあって、前のお客さんに何度もマイクを向けたりと
とても楽しそうでした。
お客さんの入りは、、、、
The Rasmusより、HIMの方がやっぱり多かったです〜

b0055921_17575025.jpg
Vampire heart
Your Sweet 666
Heartache Every moment / H.I.M.









produced by 山田雪枝(Yukie)
DJ おのあきこ

「Stylish Noise」放送時間
〜月曜深夜1:30、火曜深夜2:00、水曜お昼12:00、木曜お昼12:30,PM11:15、金曜午後7:00、土曜PM6:00、日曜PM5:00

[PR]
by fmgig | 2006-03-29 17:58 | Comments(0)
MC5 3rdアルバム「High Time」
前回に引きつづき、'60年代後半アメリカのデトロイトから登場した
パンク、ヘヴィ・メタの元祖、MC5を特集です。

前作があまりにもクリーンなR&Rだったため、多くのファンが離れ、セールスも
散々な結果に終わった彼らが選んだ道は、1st「Kick Out The Jams」 の
エネルギーを、計算されたスタジオ・ワークで凝縮すること。こうして生まれたのが
3枚目のアルバム「High Time」。

僕は前作が凄く好きなんですけども、やはりリアル・タイムで彼らを見ていた
ファンには「骨抜きになっちまったのか!」と思わせるサウンドの変化だったんで
しょうかネェ。

このアルバムには革命思想の政治家も、バンドの行動をクリーンなイメージに
コントロールしようとするプロデューサーもいません。
ついに自我に目覚めた5人のロック・ミュージシャンが、ルーツのロックンロールと、ジョン・コルトレーンやサン・ラなど、彼らが敬愛するジャズを融合した彼らにしか生み出せないサウンドと、歌詞は鋭さを増し、革命の日々の苦い経験を歌って
いますが、アナーキーなスタンスはそのままに、「自分たちはもう誰にも翻弄
されない」という強い決意が感じられる大傑作になりました。
しかし、バンド内部はヘロインの中毒や音楽ビジネスに嫌気が差しはじめてる
メンバーがいたりと、次第に結束は崩れ始めていました。

録音時バンドの状態は最悪であったにもかかわらず、ロック史に残る名盤となった
アルバム「ハイ・タイム」は残念なことに、前作ををさらに下回る成績、
ビルボード・チャートの200位にも入らなかったのです。
この結果を受けてレコード会社側は、彼らとの契約の打ち切りを決定しました。

この後、バンドの再生をヨーロッパに賭けたが、すでにメンバーの結束のなさは
修復不能の状態でした。

そして、ついに1972年12月31日、最後のステージを行います。
場所は皮肉にも1stが収録されたのと同じライブ会場だった。
メンバーも全員揃わない中行われたこの日のステージは、当時の面影もない
ひどいものだったそうです。

結果、彼らにとって最後のオリジナルアルバムとなった「ハイ・タイム」。
そのラストに収められている 「スカンク」は、 バンドの”これから”を特に期待
させる名演が繰り広げられているのが、さらに無念に感じさせます。

〈オンエア・ソングリスト〉
 M-1 Sister Anne
 M-2 Baby Won't Ya
 M-3 Skunk (Sonicly Speaking)
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 16:27 | Comments(0)
遅れましたが、小橋健太選手インタビュー
Podcast用放送はこちら

今回は、以前予告してからずいぶんと遅れてしまいましたが、プロレスリング・ノア
の”ミスター・プロレス”小橋健太選手のインタビューをおとどけしました。

噂によると、無類の練習好きだそうで、そのため周りの人からは”いつも
上半身裸で汗だく”が小橋選手のイメージなんですって。

そして、僕たちの前に現れた小橋選手はやはり”上半身裸で汗だく”でした。
「おおっ噂どおり!!」心の中で僕は叫んでしまいました。

KENTA選手の回でも書きましたが、このときはムーンライト・ブレイク水曜日担当
DJのマリさんと合同の取材で、そのため、fm-GIGとして限られた時間で
インタビューを終わらせないといけなかったのです。
また、試合前の貴重な時間を割いていただいたため、より時間には気を
配っていました。

ところが、いざインタビューが始まると小橋選手しゃべるしゃべる!!
一つの質問に対し、あふれ出るかのようにおもしろいエピソードが帰ってきました。
そんなわけで、終わってみると、予定していた約3倍の時間おはなししていただき
ました!

さて、気になるインタビューの内容は、ファンや周囲の人達に知れ渡っている
”トレーニング好き”の驚きの真実や某スポーツ新聞の名物記事”特訓シリーズ”の
裏話など、小橋選手らしい、まったく着飾らない言葉でおはなししていただいて
ますので、詳しくは番組本編でお楽しみください♪

そしてインタビュー終了後、小橋選手から驚きの言葉が!!
なんと、小橋選手自ら「また機会があれば出演したい」とおっしゃられました!!
プロレスが一人でも多くの人に好きになってもらえるように、小橋選手も頑張って
いきたいということだそうで、さすがミスター・プロレス!!
僕は今回の取材で強く胸をうたれました!

取材後の試合で小橋選手は、6人タッグマッチでメインイベントに出場しました。
試合は鬼気迫るもので、得意のチョップの連打をくり出すと、痛烈な音が会場に
響くと同時に、みるみる相手選手の胸板が真っ赤っかに・・・。

あと、僕たちの見ている目の前で場外乱闘があり、風邪気味だった僕にとって
カンフル剤のような熱いファイト!!マジでエキサイトしました!!

結果は残念ながら、小橋選手の組は負けてしまいましたが、小橋選手自身は途中、
三人を一人で相手に倒してしまうこともあったりで、その姿は「男が男に惚れる」
勇ましさでした。

こんなふうに、とても充実した今回の取材でしたが、ご協力いただいた
プロレスリング・ノアのみなさん、ほんとうにありがとうございました!!
小橋選手の言葉どおり、また機会があれば、ぜひよろしくお願いします!!

b0055921_1748183.jpg

担当 堀家博之&ビっツ!田中

「スポーツ軍曹」放送時間
〜月曜PM6:00、火曜PM6:30、水曜PM7:00、木曜PM7:30、金曜PM2:00、土曜PM2:30、日曜PM6:00

[PR]
by fmgig | 2006-03-28 14:18 | Comments(0)
ナイトメアリターンズの3月5週目ミニトーク
Podcast用予告編

"TotalPackage" TAMとおのあきこがお届けする、今週の「ナイトメアリターンズ」の聞きどころ♪
iPodでお楽しみ下さい♪
このページ右上のバナーをiTunesの"Podcast"リストにドロップしてみてください。
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 03:51 | Comments(0)
わいわいウェルサイドのミニトーク3月5週目
Podcast用予告編

土曜お昼の人気番組「わいわいウェルサイド」の、今週の聞きどころをiPodでお楽しみ下さい♪
このページ右上のバナーをiTunesの "Podcact" リストにドロップしてみてください。
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 03:47 | Comments(0)
クマちゃんラジオのミニトーク3月5週目
Podcast予告編

今週の「クマちゃんラジオ」の聞きどころ♪
iPodでお楽しみ下さい♪
このページ右上のバナーをiTunesにドロップしてみてください。
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 03:44 | Comments(0)
ロボチャック 3月5週目ミニトーク
Podcast用予告編

今週も、「ロボチャック」収録後の‘おまけトーク’をどうぞ♪
このページ右上のバナーをiTunesの"Podcast"のリストにドロップしてみてください。
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 03:40 | Comments(0)
Vol.48〜Paul McCartney「Give My Regard To Broad Street」
ロック史に名を残すビッグアーティストの名曲とちょっとマニアックな曲を紹介する「ヒットtheビート」。
今週は、Paul McCartneyの「Give My Regard To Broad Street」を特集しました。

スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンとの共演、有名ミュージシャンとのセッションなどなど、バンドという呪縛から離れた音楽制作で調子を取り戻したポールは、その勢いに乗って、2つのことに手を出します。

ひとつは、久しぶり(「マジカル・ミステリー・ツアー」以来)の映画製作。
もうひとつは、ビートルズナンバーの再演。

このふたつの企画が合わさって出来上がったのが、「Give My Regard To Broad Street」という映画で、そのサントラが今回紹介する同名のアルバムです。

ストーリーは、まあ、あまり触れてはいけないチープなものですが、演奏シーンは豪華。
参加メンバーは、リンゴ・スターやデイブ・ギルモア、スティーブ・ルカサー、ジェフ・ボーカロなどなど腕利き揃い。プロデュースはお馴染みジョージ・マーティン。

採り上げられたビートルズナンバーは、ライブをしなくなってから発表された「Revolver」が中心。僕の好きな曲が多いんですよね。

唯一「The Long And Winding Road」のオシャレな仕上がりは、あまり好きではないかなあ。

ともかく、ポールの中では何かの心の整理がついた気配があるのですが、好きなことをやると叩かれるのは相変わらずで、映画は大コケ、アルバムの評価も今ひとつ。ここからまた、ポールの低迷期が始まります。
b0055921_18374869.jpg
♪No More Lonely Nights
♪Yesterday
♪Here, There And Everywhere
♪For No One
♪The Long And Winding Road






次週は、Paul McCartney「Press to Play」を特集します。お楽しみに♪

DJ 冴沢鐘己
Showkyよもやま話

「ヒットtheビート」放送時間(ネットラジオもリアルタイムです
〜月曜PM1:00、火曜PM1:30、水曜PM2:00、木曜PM2:30、金曜深夜1:30、土曜深夜2:00、日曜PM1:00

毎週土曜夜9時からの生放送もお聴きくださいまし♪
[PR]
by fmgig | 2006-03-28 01:23 | Comments(0)

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.