S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(421)
(387)
(366)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-26 12:11
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-20 17:13
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-13 15:19
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-04 17:01
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-30 21:18
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-21 02:52
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-14 13:58
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-08 00:09
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-04-01 17:04
サイバージャパネスク 第52..
at 2017-03-24 19:35
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サイバージャパネスク 第316回放送 (3/27)
b0055921_1352444.jpg

b0055921_1372456.jpg「CyberJapanesqueUnit KANADE」
+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回は秋田犬♀の きてぃちゃんも帰京!オリジナル メンバーで御送りします♪

ド頭から試飲のコーナー(笑)
日本三大名月「石山寺」にある
「月の里酒造」さんの生原酒です。
しじみ飯など石山寺近郊の上品な
郷土料理にピッタリな名酒です。
たしかに上品!何でかって!?
下ネタが出ない60分でした(笑)

これからは桜も咲いて石山寺は
観光シーズンまっただ中!
リバークルーズ「一番丸」で
上品に月の里を呑みませんか?

b0055921_1321752.jpg伴英将からは
第81回フレンチ
ロック特集!
セルジュ ゲンズブール
(久々に)第52回です。

先週、山卯ピ君が
スヌーピーを紹介してくれましたが
ゲンさんにも
有りますよ!

1969年、スヌーピー最初の映画「A BOY NAMED CHARLIE BROWN」
のフランス版主題歌をゲンズブールが担当しるんで紹介します♪

不思議ちゃんからは「今 和が新しい!街で見かけたジャパネスク〜イズ!!」
今回もなぞなぞ5問です、冴沢ボスと山卯ピ君で争って頂きまして、
3問正解先取で勝ちですが今回は負けた方が健康酢を一気飲みして頂きます☆

1) 何でも自分の物だと言ってる国はどこ? 答) オランダ
2) 9つの色で彩られた食事とは? 答) 給食
3) 柔道や剣道が好きな人が好む果物は? 答) ブドウ
4) 知らんぷりして食べるパンはどんなパン? 答) 蒸しパン
5) おじいちゃんとする球技は何? 答) ソフトボール

2対2で最終決戦までもつれ込み… またまた冴沢ボスの勝利でした(^0^)

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第129回!

アメリカで最も成功したフュージョンバンドの一つ、『スパイロ・ジャイラ』を紹介します。
変わったバンド名の由来はアオミドロから来ているそうです。
リーダー、ジェイ・ベッケンスタインが生物学の授業を受けたのがキッカケとか。ただしスペルは違っているようです(笑)
b0055921_12335834.jpg

2ndアルバム「Morning Dance」から代表的ナンバーのタイトル曲を聴いて頂きました♪
フュージョンシーンでは珍しいカリプソ調であるのも印象的ですネ。
メンバーを変えて、現在も活動中の長寿バンド!まだまだ注目です。

b0055921_13465734.jpg「ヤンヤン片多郎ゼ!
ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの
歌謡曲を挙げて頂き
良き時代を
再認識するコーナー!
西城秀樹特集です!

前回の、
セクシーロックンローラー
に続くシングル22枚目
1977年9月5日発表の、
「ボタンを外せ」
を紹介します♪
作詞:阿久悠 作編曲:三木たかしコンビはこれが最後!
ベストテン入りが途切れた充電期間だそうです。

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを引用して紹介します)

b0055921_142536.jpg二股USBケーブルですが、基本信号線と電源が
一緒になっているのがUSBなので、信号線と電源を
一緒に送らないのが基本コンセプトです。
最後には一緒になるから、というとオーディオの
根幹を否定する事になりますので、
(電力が無ければオーディオは動作しませんので、
機器の中では一緒になっています)
「経路が分かれている」というのは、
効果がある事ではあります。

今週はポータブルヘッドフォンアンプです。
ここ1年ほどでバンバン新製品が登場しており、
嬉しい限りです。
サヤ(SAYA)は、USB DAC/DDCを搭載した、
PURE SPEEDブランドの小型アンプ
「DSA-X47」を 4 月 1 日に発売。
価格は25,200円!<比較的安価で買い易そうです♪
外形寸法64.5×44.8×15.3mmと小型☆
入力は USB だけだそうですが、出力はステレオミニのヘッドホン出力を
2系統を装備しており、同軸デジタル出力も装備しています。
ヘッドフォンアンプとしてだけでなく、USB DDコンバータとしても使用可能。
電源は USBバスパワーなので、やはり二股ケーブルが効果を発揮しそうです。
アルミダイキャスト製ということで、質感も期待できます。
b0055921_13492331.jpg
Windows、MacOS X、Linuxに対応し、非サポートですが、iPadにも繋がります。
パソコンからのデジタル出力のために買うのも良いかもしれません。
ただ、対応データが 16bit 48kHz までなので、
いわゆるハイレゾ音源には対応しないのが残念といえば残念ですが、
高価になるのとの引き換えなのでしょうね。
2 系統あるヘッドフォン出力はアンプが独立しているので、
「恋人と一緒に」という場面にも(笑)
写真見ると分かりますが、本当に小さいですね。
それではまたo(^◇^)/~ ばいちゃ~♪

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-03-28 13:12 | サイバージャパネスク | Comments(0)
サイバージャパネスク 第315回放送 (3/20)
b0055921_16211726.jpg
「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回も秋田犬の きてぃちゃんは嫁入り中。後はオリジナル メンバーで御送りします♪

b0055921_16242132.jpg伴英将からは、
第80回フレンチ・
ロック特集!
タイ・フォンの最終回。

1975年の1stアルバム
「恐るべき静寂」
1976年の2ndアルバム
「ウィンドウズ」
1979年の3rdアルバム
「ラスト・フライト」を
紹介してきました。
ここで解散となったのですが、2000年に再結成!
ステファン・コーサリュー(Ds)とタイ・シンのみ。
良く作り込まれて音も良く
タイフォンらしさもある
が、ファンとしてはカーン・マイが不参加なのが悲しい。
初期タイフォンらしくヘンな鎧の武士のジャケットは復活です。
全9曲入りでトップの曲「サイゴンの雨の夜」を御聴き頂きます。

不思議ちゃんからは「今 和が新しい!街で見かけたジャパネスク〜イズ!!」
今回はなぞなぞ5問です、冴沢ボスと山卯ピ君で争って頂きまして、
3問正解先取でビールが一本貰えます☆

1) 足す事は出来ないケド引く事の出来る本は? 答) 辞書
2) 近くによると離れていってしまう動物は? 答) サル
3) イカの頭に酢をかけると水々しい食べ物に変わってしまいました。 答) スイカ
4) 遠くにあっても近くにあると言われてしまう店は? 答) そば屋
5) 電線にとまった3羽のすずめを同時にとるには? 答) カメラで撮る

ビールは冴沢ボスのゲットでした!

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第128回!

LAを代表するピアニスト、デヴィッド・ベノワ特集2回目。
ベノワ氏はフュージョン界のみならず、ある企画アルバムのプロデュースでも有名☆
今回はスヌーピーで有名なアメリカを代表する作品『ピーナッツ』の音楽のアレンジアルバム「Happy Anniversary, Charlie Brown!」を紹介。
b0055921_149439.jpg

「Linus and Lucy」ライナスとルーシーのテーマを聴いて頂きました♪
作曲はヴィンス・ガラルディ。特徴的なイントロかつ親しみ易いメロディは、一度聴いたら覚えちゃいますよね♪
関西だとテーマパークのUSJに行けば、聴く機会があるかと思います。

b0055921_17134688.jpg「ヤンヤン片多郎ゼ!
ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの
歌謡曲を挙げて頂き
良き時代を
再認識するコーナー!
西城秀樹特集です!

前回の「ブーメランストリート」
に続くシングル21枚目
1977年6月5日発表の、
「セクシーロックンローラー」
を紹介します♪
6作品連続で作詞:阿久悠、
作編曲:三木たかしです。
この頃はミュージカル出演で、
テレビ出演を抑えていたそうでなじみの薄い曲となりました。

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを引用して紹介します)

今週は電源と信号を分離する二股のUSBケーブルの新しいモノを紹介します。
b0055921_17193159.jpg

GEMINI デュアルヘッドUSBケーブルという製品で、
シリーズ展開される製品の一つですが、単体でも使う事が出来ます。
0.5m が 23,940 円前後、1.5m が 33,390 円前後だそうです(笑)

銅線には、切れ目のないOFHC銅線を使用。
正しいインピーダンスが保たれるように調節してあるほか、
アースと電力用のコネクタには、通常の3倍の重量を持つという純銅を採用。
USB 接続における電力供給抵抗を3倍カットしたという。
また、アースリターンと電力供給ラインを非対称な設計にする事で、
アース範囲を3倍に広げている。
ケーブル内部の絶縁材にはポリ塩化ビニールやテフロンを使わず、
PEの絶縁体と銅線を組み合わせて使用。
摩擦電気放電を抑えたという。
被覆材は、アルミ箔と銅モールの被覆材を使ったデュアルヘビーシールド。
USB金属コネクタも独自設計。
両端と中央の合計3カ所に高周波ノイズフィルタを備えている。
見た目、高級感もありますが……やっぱり高いですね~(=^‥^A アセアセ・・・
もう少し安くならないかなぁ?と思います。
それでは、またo(^◇^)/~ ばいちゃ~♪

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-03-21 16:26 | サイバージャパネスク | Comments(0)
3月は別れの季節です...。
春分の日の祝日、スタジオに向かう電車の中で着物姿の女性に出会う
「あっ、そうか!卒業式シーズンだ!!」
3月も終盤ということは理解しつつも、卒業式シーズンということがまったく頭から飛んでしまっていた僕。なんとも恥ずかしや...!

そんな別れのこの季節、この番組の中にも、卒業を迎えるコーナーがあります。


★「90's デイドリーム」

このコーナーでは、1990年代に一世を風靡した映画、音楽、ファッションなど様々なトレンドを、音楽的観点から語っていきます。

さて、1年にわたっておとどけしたこのコーナーも今週が最終回!
最後を飾るのは、オアシスの2ndアルバムモーニング・グローリーをピックアップしました♪

95年に発売されて、現在までに2300万枚以上のセールスを誇る、まさに90年代を象徴する一枚!

このアルバム思わず歌いたくなるキラーメロのナンバーのオン・パレード!!

彼らのライブは会場全体が大合唱となるんですけど、オーディエンスの声の大きさが
ハンパじゃないんですよね〜(汗)

個人的には、このアルバムのリリース直前の彼らのライブを観ているだけに、
この作品は思い入れがひとしおです...。

しかし、ホンマにいい歌ばっかりやもんな〜♪

モーニング・グローリー

モーニング・グローリー


★「みちレター」

長らく続いたこのコーナーも今週が最終回。
ラストは「卒業したくても出来ないものは?」でした♪

卒業したくても出来ないもの...なければいいんですけど、ありますね〜(汗)
しかも、放送に乗せたくないようなだらしない事です...(汗)さて、それは一体!?

最後に曽我さん、長い間このコーナーのために毎回の録音、ありがとうございました!
もし、また、水曜に来られる時があれば遊びにきて下さい♪


★「レコメンズ」

先週につづいて、10年ぶりに新曲とニュー・アルバムをリリースして再始動したデヴィッド・ボウイ特集!
今週は、いよいよニュー・アルバムザ・ネクスト・デイを紹介しました♪

新作は、「何かもの悲しさを感じるものになるのかな?」と予想していたのですが、
それを見事に裏切るエネルギッシュなアルバム!
こんなエネルギーにあふれたボウイに再会できるなんて!本当に待っていた甲斐があった!

すでに、次作の制作に入りたがっているそうなので、気の早い話だけど、次の作品が届くのもそう遠くないかも...!?


ザ・ネクスト・デイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)

ザ・ネクスト・デイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)


【3/20オンエア曲】
LIAR GIRL / BOOWY
Time Of The Season / Zombies
かえり道 / nj
Roll With It / Oasis
Wonderwall / Oasis
Morning Glory / Oasis
Don't Look Back In Anger / Oasis
チューイン、ガム / 巴田みず希
The Next Day / David Bowie
Where Are We Now? / David Bowie
How Does The Grass Grow? / David Bowie
[PR]
by fmgig | 2013-03-20 20:04 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第314回放送 (3/13)
b0055921_10461559.jpg

「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回は秋田犬の きてぃちゃんは嫁入り中。後はオリジナル メンバーで御送りします♪

b0055921_10514360.jpg伴英将からは、
第79回フレンチ・
ロック特集!

今回は「タイフォン」の親戚バンド
「アルファ ラルファ」
を紹介します。

アルバムは1977年の同名タイトルの
1枚だけですが、
タイフォンを
押し進めたようで、
インスト中心の
プログレ度高し!
gtのミッシェルとgt,Violinのクロード
を中心に、
タイフォンメンバーは
Keyのジャン・アラン・ガルデ、コーラスにタイフォンVocメンバーが参加。
全9曲、B面1曲目の「Rez」を御聴き頂きます。(コーラス無い曲ですが…^^;)

不思議ちゃんからは「今 和が新しい!街で見かけたジャパネスク〜イズ!!」
今回は稲垣早希ちゃんファンの山うP君に「早希ちゃん」クイズPart2です☆

1) さきちゃん漢字で書ける? 答) 早希
2) 早希ちゃんのレパートリーでないのは? 
           答) 「クレヨンしんちゃん」のしんちゃん
3) 1983年生まれの早希ちゃんの干支は? 答) 猪

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第127回!

LAフュージョンを代表するピアニスト、デヴィッド・ベノワを紹介します!
リッピントンズと同じレーベルGRPからリリースしているアーティストの一人です。
ラス・フリーマンとも親交があり、本日紹介する『Freedom At Midnight』には、バンドメンバーと共に参加しています。
b0055921_12584386.jpg

大ヒット曲となったタイトルナンバーを聴いて頂きました♪
キーボードのシンプルなテーマにSAXも効果的に使われていて、気軽に聴ける一曲と言えそうです。
シンプルながらもリズム感のあるピアノタッチとソロのフレージングはさすがの一言。
LIVEでも人気のナンバー。リズム隊との息のあったコンビネーションも注目です。


b0055921_11355080.jpg「ヤンヤン片多郎ゼ!
ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの
歌謡曲を挙げて頂き
良き時代を
再認識するコーナー!
西城秀樹特集です!
前回の「ラストシーン」
に続くシングル20枚目
1977年3月15日発表の、
「ブーメランストリート」を紹介♪
5作品連続で作詞:阿久悠、
作編曲:三木たかしです。
ヒデキベスト5に入る程の
有名曲だそうです!
子供の時に手を回して
フリをマネしましたね☆

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを引用して紹介します)

今週は「ハード」ツイーター、
「ハード」ドームなどの硬質素材で作られたスピーカーユニットの話題です。

伴ちゃんはスーパーツイーターを利用していますが、多くが金属素材です。
かつて70年代から80年代半ばまで、国産スピーカーの多くが中域、高域ユニットに
ハードタイプを採用していました。

以前、平面スピーカーの話をしましたが、平面スピーカーの開発を促進した
テクニクスとソニーは70年代からハードドーム・ツイーター、
スコーカーの開発にも力を入れていた印象があります。
また、位相をコントロールするために、バッフル面を横から見ると
ウーファーを前に出したり、中高域用ユニットを後ろに下げたりし、
音源位置を時間的に揃える事をしています。
この考え方を発展させたのが平面スピーカーだったのではないか?と考えています。

この様な位相コントロールにはソフトタイプのツイーター、スコーカーは
向いておらず、むしろ響きをコントロールする側のユニットである事から、
使用する国産スピーカーは減りましたが、VICTOR 等がソフトドームのスピーカーを開発しています。
b0055921_11483383.jpg閑話休題。
他に有名なのがベリリウム
振動板を採用した YAMAHA の NS-1000M でしょうが、弟機とも言うべきNS-590 があります。

この機種もベリリウム振動板を採用したツイーターが
使われていました。
(スコーカーは違います)

また後に中型スピーカーには炭化チタン(チタンカーバイド)をスコーカーに採用し、
ベリリウム振動板を
ツイーターに採用した
モデルも作られています。
b0055921_11561868.jpg単純にハードタイプは
伸びが良く、クッキリとした
音像になりますが、ややもすると
その名の如く「硬い」と取られやすい
音になる事もありますが、
個人的にこの辺りのYAMAHAスピーカーはそんな雰囲気が無かった記憶があり、
使ってみたかったスピーカーの一つです。
それでは、またo(^◇^)/~ ばいちゃ~♪

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター の
ハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に
紹介させて頂きます!

次回もよろしく御願いしま〜す♪
(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-03-14 10:53 | サイバージャパネスク | Comments(0)
今週、来週はデヴィッド・ボウイ特集!!
ようやく暖かくなってきましたが、今日は天気はイマイチ...。
番組開始の4時にはすでに、外は番組終了の頃みたいな暗さ...!
まぁ、でも、そんなうっとうしい外の天気は関係なく、カラッとドライに
番組をお届けしましたよ!

★「90's デイドリーム」

このコーナーでは、1990年代に一世を風靡した映画、音楽、ファッションなど様々なトレンドを、音楽的観点から語っていきます。

今週は、プロディジーの3 rdアルバムザ・ファット・オブ・ザ・ランドをピックアップしました♪

96年頃からブームになったデジタル・ロックを代表する一枚!
高速のドラムン・ベースやらブレイク・ビーツで、凶暴なサウンドになりつつも、ポップなヴォーカル・ラインと、キース・フリントのキャラの絶妙なバランスが爆発的に売れた要因でしょうね♪

なんたって、ダンス系のアルバムながら1000万枚を超えるセールスを記録したんだから凄いッスね〜!!

で、このアルバムからの曲がマトリックスや、チャーリーズ・エンジェルなどのヒット映画にも使われているので、彼らのことを知らないまま、曲だけ覚えている映画ファンもいるかもしれませんね…(涙)

あっ、そうそう、カニのジャケットもインパクト大!
でもなんで、こんなジャケットにしようと思ったんやろ(笑)?


The Fat of the Land

The Fat of the Land


★「みちレター」
変則的な放送になっていた事もあって、お休みになっていましたが久しぶりのこのコーナー。
今週は「布袋さんのコンサートに行く時の心構えは?」でした♪

このお題、今月初めて、布袋さんのコンサートに行くらしく、そこで、
これまで数えきれないくらい彼のコンサートに行ってきた僕に、何かアドバイスがあればって
ことなんですが、アドバイスになっているのかどうかは、生放送を聞き逃した方は再放送を
お楽しみに〜♪


★「レコメンズ」

今年、10年ぶりに新曲とニュー・アルバムをリリースして再始動したデヴィッド・ボウイを今週と来週に分けてピックアップ!
第一回の今週は、彼の傑作の一つヒーローズにスポットを当てました♪

ここ数年、まったく音沙汰がなく、引退説も囁かれていたボウイ。
今年、1月の彼の誕生日に何の前触れもなく、突然、新曲が発表され、そして今日、ニューアルバムザ・ネクスト・デイがリリースと、ボウイ・ファンである僕にとっては喜ばずにはいられない再始動!

この新作『ザ・ネクスト・デイ』のジャケットは、かつての自分のアルバム『ヒーローズ』のジャケットの上に、タイトルを大きく乗せるという、ファンにとっては大胆かつ意味深なデザイン!

そんなわけで、新作と何やら浅からぬ関係のある『ヒーローズ』を今週は掘り下げていったわけです。

ボウイ史上最高傑作の一つに挙がることの多い『ヒーローズ』。
ヨーロッパの重い空や空気を連想させるシンセサイザーを多様したサウンドを中心に、エネルギッシュなロック・ナンバー、琴を活かしたオリエンタルなインストなど、ドラマティックな構成のアルバム。

そしてそのドラマティックなアルバムを決定づけてるのがタイトル曲!

ロック史上においても名曲といっても過言じゃないこの曲、昨年のロンドン・オリンピックで、イギリス選手団の入場の時にも使われ、僕は涙しました!

「僕たちはヒーローになれる。たった1日だけなら。」
これからもこのメッセージを胸に、頑張りすぎず生きていける気がします(笑)

来週はいよいよニューアルバムを紹介しますよ!!


Heroes

ヒーローズ

【3/13オンエア曲】
The Groover / T-Rex
まだまだGIRLでいいかしら / BBガールズ
かえり道 / nj
Smack My Bitch Up / Prodigy
Firestarter / Prodigy
Breathe / Prodigy
チューイン、ガム / 巴田みず希
Joe The Lion / David Bowie
Beauty And The Beast / David Bowie
Heroes / David Bowie
[PR]
by fmgig | 2013-03-13 19:12 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第313回放送 (3/6)
b0055921_2514648.jpg
「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回も秋田犬♀の きてぃちゃん含め、オリジナル メンバーで御送りします♪

b0055921_2525898.jpg伴英将からは、
第78回フレンチ・
ロック特集!
1975年の1stアルバム「恐るべき静寂」
1976年の2ndアルバム「ウィンドウズ」を
紹介しましたが、
本作は、1979年に
フランスのワーナー
からリリースされた
タイ・フォンの
3rdアルバムで、解散となった「Last Flight」を紹介します。(後に00年に復活)
全6曲中、3曲目の「Sad Passion」
を御聴き頂きます♪

不思議ちゃんからは「今 和が新しい!街で見かけたジャパネスク〜イズ!!」
今回はエヴァ好きで稲垣早希ちゃんも好きな山うP君に「早希ちゃん」クイズです☆

1) 早希ちゃんの職業か? 答) 芸人
2) 所属事務所は? 答) 吉本興業
3) コンビ名は? 答) 桜
4) 血液型は? 答) O型
5) 早希ちゃんは「吉本べっぴんランキング」で2010〜3年連続2位ですが。
 「吉本ぶちゃいくランキング」3年連続1位で殿堂入りをはたした女性芸人は?
                   答) アジアンの墨田美保さん

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第126回!

リッピントンズ特集/第8回。
二ヶ月に及ぶ特集も最終回!
初期のヒットナンバーを中心にプログラムされた初のLIVEアルバムを紹介します♪
ゲストにデヴィット・ベノワも参加しており、豪華な一枚です。
b0055921_1844688.jpg

毎度のジャズキャットのイラストは、遂に女性をエスコートしてます。
LIVEのオープニングを飾った「Indian Summer (Live)」を聴いて頂きました♪
このバンドの特長とも言えるシンプルかつキャッチーなメロディが見事に盛り上げてくれます。
アルバム後半では、これまで紹介した代表曲も登場します。
是非、全曲堪能して頂きたい一枚です☆

b0055921_3323314.jpg「ヤンヤン片多郎ゼ!
ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの
歌謡曲を挙げて頂き
良き時代を
再認識するコーナー!
西城秀樹特集です!
前回の「若き獅子たち」
に続くシングル19枚目
1976年12月20日発表の、
「ラストシーン」を紹介☆
4作品連続で作詞:阿久悠、
作編曲:三木たかしです。
ヒデキでは初めてのバラード、
印象は薄いですが
20万枚越えの曲です!

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを引用して紹介します)

さて、今週はケーブルの材料である線材の話です。
オーディオ用ケーブルの導体に用いられる PCOCC(Pure Cupper Ohno Continuous Casting Process)の製造販売が 3 月末までで受注を終了し、
8 月末までに生産も終了、今年一杯で販売も終了だそうです。
PCOCCは古河電工が1986年に開発の一方向性凝固組織の特徴を持つ高純度銅線で、
それまでの OFC に比べても結晶粒界が極めて少ないことから、
オーディオ用ケーブルの導体として長年採用されてきました。
しかし、近年の需要低下で将来性も無いと判断し、生産終了を決めました。
自分もXLRバランスケーブルでPCOCC線材を採用したケーブルを使用していました。
b0055921_3484153.jpg←サエクのケーブルです。
20年前購入のオルトフォンの同軸デジタルケーブルは今でも使っていて、
最近だとWindowsの
サウンドカードから
デジタルアンプへ、
この同軸デジタルケーブルで繋いでいます。
みなさん、買うなら
今のうちですよ~~(笑)
それでは、またo(^◇^)/~ ばいちゃ~♪

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-03-07 02:58 | サイバージャパネスク | Comments(0)
今日は久々にゲストを迎えて
タイトルどおり、今日は突然、ゲストさんを迎えてお届けしました♪
お迎えしたのは、淡路島で104年の歴史を持つ淡路麺業株式会社の代表取締役
出雲文人さん。

5年前までは赤字続きで本当に大変だったそうですが、ここから巻き返しが始まります!
その原動力になったのは「生パスタ」
「生パスタ」の商品化によって、業績はV字回復を見せ、今は有名なレストランをはじめ、
全国に卸してらっしゃるそうです!

今後のいろんな展望を聞いていると、こっちも元気になって、テンションの高いトークに
なりました(笑)その模様は、ぜひ再放送でご確認ください♪

出雲さん、また、スタジオに遊びにきて、近況報告してくださ〜い♪


★「90's デイドリーム」

このコーナーでは、1990年代に一世を風靡した映画、音楽、ファッションなど様々なトレンドを、音楽的観点から語っていきます。

今週は、日本にマサラ・ムービーというインド映画ブームのきっかけになったムトゥ 踊るマハラジャ をピックアップしました♪

この映画がヒットするまで、日本ではあまり陽の目を見なかったインド映画。ところが、インドはハリウッドを凌ぐ作品が年間で作られているという映画大国だったんです!

で、肝心の『ムトゥ〜』の作品のほうは、というと、とりあえず何かあれば、すぐ大人数による「歌」と「踊り」が入るので長尺!
これはインド映画特有みたいですけど、それにしてもストーリーが進めばすぐに「歌」と「踊り」が繰り返されるので、段々と笑えてくる。
この笑いは作り手側の狙いなのかどうなのかは謎だけど…。
そんな謎の笑いが他にも何カ所かあるので、狙いかそうでないかの真相は是非、作り手に訊いてみたいところ(笑)

でも、ストーリーはけっこうシリアスなところもあるので、コメディー、アクション、ミュージカル、ドラマ…と、映画の重要な要素が一作で楽しめる「映画の幕の内弁当」のような作品です(笑)


ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]

ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]



★「レコメンズ」

3月12日(火)グランキューブ大阪 メインホールでライブを行うジャーニーをピックアップしました。

今年、結成40周年!しかしその間、幾多のメンバーチェンジ、活動休止があり、その道のりは険しいものでしたが、今日まで歩いてきた彼ら。

そんな活動の中で最も輝いていたのが80年代の初め。
今再び、全盛時にひけをとらないモチベーションで第2期黄金期を迎えつつあります。
その要因となったのが新ヴォーカリストアーネル・ピネガーの加入かな?

スティーヴ・ペリーを彷彿とさせるヴォーカルで、新しい曲や過去の代表曲を輝かせています♪

いや、ほんと、最初、新生ジャーニーの音源を聴いた時は、すっかりスティーヴ・ペリーが復帰して歌ってるんだと思いましたもん(苦笑)

彼らの目下の最新作は『エクリプス(ECLIPSE)
ですが、新生ジャーニーを聴いたことがない人には、新曲と過去の代表曲が楽しめる
レヴェレイション』がオススメです♪

レヴェレイション

レヴェレイション


【3/6オンエア曲】
Rockin' All Over The World / John Fogerty
I'll Stand By You / Pretenders
かえり道 / nj
Oruvan Oruvan Mudhalali / Muthu O.S.T.
Tillana Tillana / Muthu O.S.T.
Kuluvalilae / Muthu O.S.T.
チューイン、ガム / 巴田みず希
Faith In The Heartland / Journey
After All These Years / Journey
Separate Ways / Journey
Change For The Better / Journey
[PR]
by fmgig | 2013-03-06 19:32 | トワイライト水曜 | Comments(0)

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.