京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(429)
(395)
(374)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第54..
at 2017-07-24 18:54
サイバージャパネスク 第54..
at 2017-07-14 12:32
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-07-09 02:25
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-07-01 17:44
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-06-27 11:27
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-06-16 14:37
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-06-12 17:25
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-06-04 01:57
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-26 12:11
サイバージャパネスク 第53..
at 2017-05-20 17:13
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
秋の扉
先週末の雨の後、真夏から秋の入り口へと一気に季節が進んだ感のある今日このごろ。

特に朝晩は、天然クーラーのような風と虫の音が、過ごしやすくなったなぁと思いつつも、夏好きの僕としては、“心は半泣き”です

そんな、ちょっとおセンチな僕ががおとどけした「トワイライト水曜」はこんな感じでした♪


★「EPIC Express」

80年代以前、日本の音楽界においてマイナーなジャンルだったロックを、一躍メジャーなものへと押し上げたレーベル、EPICソニーから登場したアーティストたちを紹介するこのコーナー。

前回に続いて渡辺美里をピックアップ!
今回は、アルバムLovin’Youを特集しました。

シングル「My Revolution」「Teenage Walk」の大ヒットで、ブレイクした後、リリースされたということもあって、音楽ファン待望の作品でした♪

しかも、まさかの2枚組という大ボリューム!
2ndアルバムで2枚組とは驚きですが、それだけ彼女に勢いがあったということがわかります♪
しかし、その勢いにだけ便乗した内容の薄い物ではなくて、「My〜」と「Teen〜」の2大ヒットを軸に、前作の彼女のハジけるような元気ソングをさらに拡大された曲や、新境地を目指したクールな曲があったりと聴き応えは十分!

今週は、「HERE」と呼ばれるディスク1を紹介しました♪
こちらのディスクは「Long Night」「君はクロール」のホット&クールなナンバーがオススメ♪

このアルバムは僕が生まれて初めて買った2枚組レコードなので、思い入れもひとしお(笑)
その思い出話については番組の中で喋っているので、どんなことを喋っているのかは、また、再放送を聞いてやってくださいな♪

次回は、ディスク2(THERE)を特集予定です♪

Lovin’You

Lovin’You


★「レコメンズ」

フランツ・フェルディナンドのニューアルバム、ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクションをピックアップしました♪

4年ぶり4枚目のアルバムは、デビューの頃を思い起こさせる、いい意味で、ちょっとラフだけどダンサブルなロック・チューンの数々♪

先行で発表された「Love Illumination」「Right Action」を聴いたら、4年待ったのも納得ですよね!?

そんなゴキゲンなアルバムを届けてくれた彼ら、11月にはまた、日本へやってきてくれます!
この新作からのナンバーが中心になるであろう来日公演、考えただけで、もう楽しみですね〜♪


ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション(デラックス・エディション)(初回生産限定盤)

ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション(デラックス・エディション)(初回生産限定盤)


【8/28オンエア曲】
Sexy,Sexy / The Brian Setzer Orchestra
夏のクラクション / 稲垣潤一
ツイてない男 / 西沢和弥&Tom石川
My Revolution / 渡辺美里
Long Night / 渡辺美里
素敵になりたい / 渡辺美里
Resistance / 渡辺美里
君はクロール / 渡辺美里
夏なんです / はっぴいえんど
視線 / 山獣丸
Bullet / Franz Ferdinand
Brief Encounters / Franz Ferdinand
Love Illumination / Franz Ferdinand
Right Action / Franz Ferdinand
[PR]
by fmgig | 2013-08-28 22:10 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第337回放送 (8/21)
b0055921_144065.jpg
「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
きいちゃんはお休みで人間はオリジナルメンバーでお送りします(笑)

b0055921_1247557.jpg伴英将からは、
冴沢ボス&伴&金狼
「Time For Love」
の、1stALBUM「心地よく秘密めいた場所」
が6/15に発売
されまして1曲ずつ
紹介しております!
今回は8曲目!

「夜明けの月に」
を御聴き頂きます♪

アマゾンでも
好評発売中です☆
よろしく
お願いします!
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CSH1GIS/ref=cm_sw_r_fa_dp_xQwRrb03

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第150回!

カシオペア特集の第三回です。
三枚目のアルバムにして、カシオペア初のLIVEアルバム『THUNDER LIVE』を紹介します。
ドラムスが神保彰氏にチェンジして初の作品でもあります!
b0055921_22482661.jpg

1stアルバムに収録、初期の代表曲とも言える「Black Joke」を聴いて頂きました♪
名刺代わりのドラムソロはインパクト大です。
 
カシオペアの魅力の一つにライブ演奏が挙げられますが、その魅力を堪能出来るのがこの一枚と言えるでしょう( ^ ^ )/

b0055921_1564256.jpg「ヤンヤン片多郎ゼ!
ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの
歌謡曲を挙げて頂き、
良き時代を再認識する
コーナー、
西城秀樹特集です!

今回は1981年9月5日
発表の39作シングル
「センチメンタルガール」
を紹介します♪

懐メロ風ガールシリーズの
3部作最終章です♪
第23回日本レコード大賞金賞受賞曲です♪

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-08-23 01:44 | サイバージャパネスク | Comments(0)
3曲準備するのに40分…
出かけてから、今日の番組で使う音源を一部持って出るのを忘れたのを気づいたので、スタジオで用意しようとスタジオのパソコンを触っていたら、パソコンの動きの遅いこと遅いこと!

普通ならイライラするとこですが、長年GIGのために頑張ってくれているので、悪態をつくどころか、「長いこと頑張ってくれてるもんなぁ〜、仕方ないわな♪」なんて声をかけたくなる始末(笑)

そんな心優しい私がおとどけした「トワイライト水曜」はこんな感じでした♪


★「EPIC Express」

80年代以前、日本の音楽界においてマイナーなジャンルだったロックを、一躍メジャーなものへと押し上げたレーベル、EPICソニーから登場したアーティストたちを紹介するこのコーナー。

今回は、渡辺美里のアルバムeyesを特集しました。

前回特集した岡村靖幸が、デビュー前からこの作品に曲提供しているということで、このタイミングでの特集になったわけです♪

日本を代表する女性ソロシンガーの一人である彼女の第一歩がこのアルバム。
「GROWIN' UP」や、「死んでるみたいに生きたくない」に代表される“元気、パワフル、ポジティブ”を全面に出したポップなロックアルバム♪

デビュー作の時点で、すでに彼女の「言葉をはっきりと伝える」という歌い方が、おおよそ完成されているのには驚き!!
ところが、このアルバムにはヒット曲が入っていないので、悲しいかな、スルーされがちかもしれないのですが、いつまでも瑞瑞しい作品なので、ぜひ、聴いてみてください♪

eyes

eyes


★「レコメンズ」

今夜と明日、ビルボードライブ東京、そして8月24日(土)にビルボードライブ大阪でライブを行うトッド・ラングレンをピックアップしました♪

1967年のデビュー以来、40年以上ものキャリアを誇り、ほとんどの楽器を一人でこなすマルチミュージシャン、ソングライター、プロデューサー、グラフィック・アーティストと、いくつもの顔を持つ、まさにマルチミュージシャン
そんな才能にあふれたすごい人なんですが、正直、日本ではそれほど知名度は高くないんですよね〜(汗)
それもこれもヒット曲が少なく、自分が面白いと思う作品を作るからなのか…!?
それにしてもキャッチーな曲が多いのに、なぜ大ヒットに繋がらないのか不思議なもんです…!

そんな天才奇才の彼が今年5月にリリースしたニューアルバムステイトを引っさげての今回の来日公演♪

エレクトリックでダンサブルな、このアルバムに合わせて、ビルボードライブ開業以来初となるダンス・エリアがステージ前に作られるそう!

ビルボードライブの歴史に新たな歴史を刻んだトッド、そこで一体、どんな音楽の楽園を作り上げるんでしょう?

ステイト

ステイト


【8/21オンエア曲】
Bluebird / 今井美樹
In The Summertime / Mungo Jerry
ツイてない男 / 西沢和弥&Tom石川
GROWIN' UP / 渡辺美里
すべて君のため / 渡辺美里
死んでるみたいに生きたくない / 渡辺美里
悲しいボーイフレンド / 渡辺美里
eyes / 渡辺美里
視線 / 山獣丸
I Saw The Light / Todd Rundgren
Hello It's Me / Todd Rundgren
Serious / Todd Rundgren
Party Liquor / Todd Rundgren
[PR]
by fmgig | 2013-08-21 22:22 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第336回放送 (8/13)
b0055921_22417.jpg

「Cyber Japanesque Unit KANADE」がお送りする
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回は冴沢ボスはお休みで後はオリジナルメンバーでお送りします☆

b0055921_252872.jpg
久々にKANADEの演奏を
御聴き頂きましょう(笑)

伴英将は自分の演奏を聴くのが
ちょっと苦手なんで、
ボーカルメインで しかも
和楽器の入ってない曲!

1999年の4thアルバムから、
「distance of dreams」を
御聴き頂きます♪



山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第149回!

カシオペア特集の第二回です。
デビューアルバムからわずか半年後にリリースされた2ndアルバム『SUPER FLIGHT』を紹介。
b0055921_2445258.jpg

某航空会社のニューヨークキャンペーンCMにも起用されて人気を博した「I LOVE NEW YORK」を聴いて頂きました♪
スティーブ・カルメンの楽曲で、カシオペアのオリジナルではなく、“I LOVE NEW YORK”のフレーズにはヴォコーダーが使用されています♪

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを紹介します)

先週の予告通り、ハイインピーダンス入力を持つ製品を紹介します。
株式会社トップウイングは、iFI-Audio(アイファイ・オーディオ)ブランドの
真空管式プリアンプ兼バッファーアンプ「iTube」を8月上旬に発売する。
価格は 41,790 円前後。
b0055921_2133277.jpg
独自のダイレクト・チューブ・バッファ(真空管による緩衝増幅機能)を備えており、アナログ・ボリューム・コントロールも備えた真空管プリアンプ。
ボリューム回路をパスして固定出力とし、バッファーアンプとして使うこともできる
(本体底面のディップスイッチで切り替え<下の写真にあります)
b0055921_2141070.jpg
真空管にはゼネラル・エレクトリックの #5670 を採用しています。
入出力は一般的な RCA ステレオ 1 系統のみで、
音質面を効力してスイッチ類をほとんど廃したとのこと。
モードがプリ、バッファーに関わらず、ゲインを 0db か +6db で選択出来るので、iPod などのポータブルプレイヤーなどを接続した時等のゲイン上げにも使えます。

これ、いろいろな接続方法が考えられますが、PC や Mac などの出力をバッファー・アンプ・モードで使い、オーディオシステムに接続、という方法も面白そうです。

入力インピーダンスはバッファー・モードが 1M オーム、
プリアンプ・モードが 100k オームだそうです。

先週にも書きましたが、オーディオではインピーダンスマッチを考えるより、
ハイ受けロー出しが基本です。
接続する装置の出力がバラバラなので、
ハイ受けロー出しでバランスを整えた方が良いのです。
このバッファーアンプ・モードでのハイインピーダンス入力は、
このような出力インピーダンスもバラバラな再生装置を接続する際非常に有効です。

先週紹介したチェロのプリアンプは実力を発揮させるのに、
事実上の専用接続端子を持つケーブルが必要である事を考えると、
この製品はハイインピーダンスの効果を感じられると思うので、
試す価値がありますね。

PC オーディオで「もうちょっと良い雰囲気にならないかな?」と思ってる方、
導入してみては如何でしょう?
それでは、またo(^◇^)/~ ばいちゃ~♪
b0055921_2257100.jpg
今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-08-16 02:06 | サイバージャパネスク | Comments(0)
お盆休みも無事、生放送〜♪
いや〜、しかし強烈に暑い毎日が続いていますね〜!

今年は記録的な猛暑や豪雨続きの嫌な夏になっていますが、ツクツクボウシが鳴き始めました。子供の頃、これが鳴き始めると、「もうすぐ夏休みが終わる〜」って、気持ちが焦りだして、心で半泣きになってました。

そしてそれは知らん間にトラウマとなって、今もツクツクボウシが鳴き始めると、なんだか
意味のない焦燥感にかられます。

まぁ、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものですな(苦笑)

そんな、秋の足音が密かに近づいているお盆休み真っ只中におとどけした「トワイライト水曜」はこんな感じでした♪


★「EPIC Express」

80年代以前、日本の音楽界においてマイナーなジャンルだったロックを、一躍メジャーなものへと押し上げたレーベル、EPICソニーから登場したアーティストたちを紹介するこのコーナー。

今回は、今日が誕生日ってことにちなんで、岡村靖幸のデビューアルバムyellowを中心に特集しました。

この特集をやるにあたって、高校時代以来に聞き直したけど、めっちゃ懐かしいと同時に、めっちゃ覚えてるのに驚き!!

歌手としてデビューする前に作曲家として活動をスタートしていたので、デビューアルバムながら楽曲の完成度が高いこと!
しかも、“○○風”というのでなく、完全にオリジナリティーに溢れてて、かつキャッチー!
デビュー曲の「Out of Blue」なんて、すでに岡村靖幸印がベッタリ付いてるもんな〜(笑)

このアルバムをはじめ、高音質CDとして再発されてるので、ぜひ、一度聴いてみてください♪

yellow

yellow


★「レコメンズ」

今夜と明後日、大阪市中央体育館でライブを行うエアロスミスを、最新アルバムミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!からのナンバーとともにピックアップしました♪

5〜6年もの活動休止期間を経て、2001年のジャスト・プッシュ・プレイ以来、11年ぶりに発表されたオリジナル・ニューアルバムは、これまでの彼らの音楽的うま味がギューっと凝縮されたような強力なロック・アルバムになってます!

このアルバムを聴く限り、40年経っても落ち着くことをしらず、まだまだ“Livin' On The Edge”の精神で音楽シーンを突き進む彼らは、今夜も最高のロックンロールショーを繰り広げてくれることでしょう♪

ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!

ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!


【8/14オンエア曲】
Summer Game / 氷室京介
Surfer Moon / The Beach Boys
ツイてない男 / 西沢和弥&Tom石川
Dog Days / 岡村靖幸
Out Of Blue / 岡村靖幸
Check Out Love / 岡村靖幸
Rain / 岡村靖幸
White Courage / 岡村靖幸
視線 / 山獣丸
Oh Yeah / Aerosmith
Legendary Child / Aerosmith
Street Jesus / Aerosmith
We All Fall Down / Aerosmith
[PR]
by fmgig | 2013-08-14 22:54 | トワイライト水曜 | Comments(0)
8月7日は「黄色の日」
放送日の8月7日は、バナナの日なんですって!
出かける直前にカレンダーに書いてあるのを見つけたので、制定された理由はわかりませんが、とりあえず、そうらしい。

で、もうひとつ8月7日といって忘れてならないのが、のび太くんの誕生日です!
ドラえもんファンなら常識の記念日ですよね♪

そこで、ふと、僕は思ったんです「ということは、8月7日は黄色の日だな」と。

して、その根拠は……バナナは言うまでもなく、皮が黄色。そして、のび太くんも着ている服の色が黄色、という単純なことなんです!…お恥ずかしい!!

そんな黄色の日のこの日に、奇しくも僕も黄色の装いでスタジオにやってきたわけです!
まぁ、なんたる偶然!

というわけで、今日は黄色にちなんで、いつも以上にパーッと眩しくなるような雰囲気でおとどけしましたよ♪


★「EPIC Express」

80年代以前、日本の音楽界においてマイナーなジャンルだったロックを、一躍メジャーなものへと押し上げたレーベル、EPICソニーから登場したアーティストたちを紹介するこのコーナー。

今回は、TMネットワークのアルバムCHILDHOOD'S ENDを特集しました。

このアルバムからの曲は、後に乱発されるベストアルバムにもあまり収録されないので、なんだか地味な存在に受け取られがちなんですが、じつはファンの間ではけっこう人気の一枚。

それは「Dragon The Festival」「Fantastic Vision」など、王道TMサウンドが楽しめる一方、「8月の長い夜」「Faire La Vise」とか、他のアルバムでは聴けない曲調のナンバーが楽しめるからなんですね〜。

彼らは次のアルバムで後に繋がるダンサブル路線に目覚めるので、「8月の〜」の生ドラムによる8ビートのロックや、「永遠のパスポート」みたいなメロウな路線を聴いてみたい方はオススメ♪

このアルバムをはじめ、彼らの80年代のアルバムがこのたび、高音質CDとしてお求めやすい価格で再発されたので、ぜひ、一度聴いてみてください

CHILDHOOD'S END

CHILDHOOD'S END


★「レコメンズ」

ゴーゴル・ボルデロのニューアルバムプーラ・ビーダ・コンスピラシーをピックアップしました♪

ウクライナ、ロシア、スコットランド、エチオピア、イスラエル、アメリカにアジア系と、雑多な人種国籍のメンバーで構成されたバンドは、それぞれの国の音楽の要素を取り入れた「ジプシー・パンク」なる、唯一無二の熱いサウンドで、世界中の有名フェスを熱狂に包んできました♪

メンバーに、アコーディオンやバイオリンがいるので、これらの音が、時に情熱的であったり、また、時に哀愁を漂わせたりするんですよね…。

ポーグスや、フロッギング・モーリーとかが好きな人にはオススメ!

いやぁ、これはかなりカッコイイ!!聴いてると、なんか血液の巡りがよくなってる気がするもんなぁ(笑)
…それほどテンションが上がるというか、体が燃えてくるんですよ!それがロックっちゅうやつなんですよ!!

ところで、最近、このコーナーでは、偶然にも英米以外のシンガーやバンドが続いてるなぁ…。

プーラ・ビーダ・コンスピラシー

プーラ・ビーダ・コンスピラシー


【8/7オンエア曲】
ピーチ・シャーベット / 松田聖子
High Pressure / T.M. Revolution
ツイてない男 / 西沢和弥&Tom石川
Dragon The Festival / TM NETWORK
永遠のパスポート / TM NETWORK
8月の長い夜 / TM NETWORK
Fantastic Vision / TM NETWORK
視線 / 山獣丸
We Rise Again / Gogol Bordello
Amen / Gogol Bordello
Lost Innocent World / Gogol Bordello
Malandrino / Gogol Bordello
[PR]
by fmgig | 2013-08-08 19:19 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第335回放送 (8/7)
b0055921_172333100.jpg

「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
久々にオリジナルメンバーでお送りします。

b0055921_1247557.jpg伴英将からは、
冴沢ボス&伴&金狼
「Time For Love」
の、1stALBUM「心地よく秘密めいた場所」
が6/15に発売
されまして1曲ずつ
紹介しております!
今回は7曲目!

「星の夜」
を御聴き頂きます♪

アマゾンでも
好評発売中です☆
よろしく
お願いします!
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CSH1GIS/ref=cm_sw_r_fa_dp_xQwRrb03

山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第148回!

いよいよカシオペア特集の始動です☆
記念すべき第一回は、デビューアルバム『CASIOPEA』を紹介。
スリル、スピード、テクニックをキャッチコピーに、海外の豪華ゲストも招いた意欲作です。
b0055921_611738.jpg

初期の代表曲「Space Road」を聴いて頂きました。

70年代後半の音使いが感じられます。これから本格的に始まるジャパニーズ・フュージョンの幕開けを予感させるサウンドですね♪

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを紹介します)

チェロというオーディオ・メーカーをご存知ですか?
あの「マーク・レビンソン」が自分の名前を冠したブランド「マーク・レビンソン」から離脱し、立ち上げたメーカーです。
チェロのプリアンプはハイ・インピーダンス入力でした。
岡さんは PA がお解りになるので、インピーダンス・マッチを無視する
オーディオ製品に違和感を覚えるかもしれませんが、
オーディオでは微細な電流を扱うので抵抗が高い方が扱いやすいのです。
オーディオでの出力機器にはアナログプレイヤーもあれば、CD Player もあり、
出力される電圧も様々なので、入力インピーダンスを高くする事で、
これらの「差異」によって振られる事の無い様になっているのです。

チェロでは 1M オームというハイ・インピーダンスの製品もあり
(初期型は 100k オームだったとか)ハイエンドの試聴会で聴いた事もありますが、
まさに「美音」でした。
もっとも自分的には繊細すぎて、もう少し「カチッとした」雰囲気が
欲しかったのを覚えています。
b0055921_17423246.jpg
上は専用の電源部です。
これは、1 Mオームのタイプで、正価だと、およそ 150 万円でした。
しっかり調整された機器で鳴らした音は「官能的」とも評されましたが、
背面端子がフィッシャー端子という、滅多に使われない特殊タイプだったので、
その思想を汲み取ってセッティングする為には、ケーブルにもお金がかかります(笑)

次回もハイ・インピーダンスな製品を紹介しつつ、
具体的に「ココがええぞぉっ!」というのを説明していきます。

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""(U・x・U) ノ""マタネー!
[PR]
by fmgig | 2013-08-08 17:42 | サイバージャパネスク | Comments(0)
夏ムード全開!!
子供たちにとっては夏休みのど真ん中、最高の時期ですね〜♪

でも、今年の夏は梅雨明けは早かったものの、“THE 夏晴れ”という日が少なくて、夏らしい夏って感じじゃないですねぇ…。

しかも、ゲリラ豪雨とか、防ぎにくく危険なことが多く発生しているので、今の子供たちは、気をつけなければいけないことが複雑で大変やなぁ…って思いますね。

僕らが子供の頃は、車とか交通事故はもちろん、自然の中では毒を持った動物に気をつけましょうとか、注意項目がずいぶん単純やったような気が…(汗)

まぁ、それでも長い夏休み、いろいろ気をつけながらいい思い出を作ってくださいな♪

そんな夏の一日を演出するように、夏ムード全開でおとどけした番組はこんな感じでした♪


★「EPIC Express」

80年代以前、日本の音楽界においてマイナーなジャンルだったロックを、一躍メジャーなものへと押し上げたレーベル、EPICソニーから登場したアーティストたちを紹介するこのコーナー。

今回は、大沢誉志幸のアルバムScoopをピックアップしました♪

多くのメディアでは大沢誉志幸というと、「そして僕は途方に暮れる」や、「ゴーゴーヘブン」ぐらいしか紹介されないですが、他にもいい曲、いいアルバムがあるのです!

この『SCOOP』は、彼のセカンドアルバムで「そして僕は〜」の入ったブレイク作CONFUSIONの前の作品です。

自身がシンガーとしてデビューする前から沢田研二中森明菜らに曲提供していたことがフィードバックされてるのか、このアルバムではいい意味で歌謡曲テイストが感じられる楽曲が入っていて、前作まずいリズムでベルが鳴るよりポップ度もアップ♪

初期の大沢美学全開の「スローダンス」「CAB DRIVER」に、キャッチーな「SCOOP」「ハートブレイク・ノイローゼ」など、オススメ曲目白押し!

この『SCOOP』をはじめ、彼の80〜90年代のアルバムは長らく廃盤になってましたけど、このたび、高音質CDとしてお求めやすい価格で再発されたので、ぜひ、一度聴いてみてください

Scoop

Scoop


★「レコメンズ」

ナンシー・ヴィエイラの日本デビューアルバムそよ風のリズム、愛の歌
をピックアップしました♪

彼女は西アフリカの大西洋沖に浮かぶ諸島カーボ・ヴェルデを代表するシンガーで、これまでに三枚のアルバムを発表してきました。
なので、これは彼女にとって四枚目のアルバムなんです。

カヴァキーニョ(サンバ・ショーロ等に使われるブラジルの弦楽器)やポルトガル・ギター、それに、フルートやパーカッションなど、いずれもアコースティックな楽器によるアンサンブルに、彼女のリラックスしたボーカルが加わると、最高のリゾート・ミュージック、夢心地のサウンドとなって我々の耳に届きます♪

ハワイアンボサノヴァなどのリラックス・ミュージック好きには絶対オススメ!!

恥ずかしい話、このアルバムを聴くまで、カーボ・ヴェルデという国を知らなかったけど、これを機に、この国がどこにあって、どれぐらいの人口で、どんな文化や産業が盛んなのかを知ることが出来ました♪

いろんな音楽と出会うことで、また新しい世界を知ることができる…音楽って、やっぱり素晴らしいですなぁ♪

そよ風のリズム、愛の歌

そよ風のリズム、愛の歌


【7/31オンエア曲】
シンデレラサマー / 石川優子
Club Tropicana / WHAM!
温泉にて / MUGENLIFE
ジュークボックスは傷ついてる / 大沢誉志幸
スローダンス / 大沢誉志幸
ハートブレイク・ノイローゼ / 大沢誉志幸
SCOOP / 大沢誉志幸
CAB DRIVER / 大沢誉志幸
燃えろ!計算ドリル2011 / 白の無地
そよ風のリズム、愛の歌 / ナンシー・ヴィエイラ
トリストジョワ / ナンシー・ヴィエイラ
誰も誰かのものではない / ナンシー・ヴィエイラ
[PR]
by fmgig | 2013-08-03 13:22 | トワイライト水曜 | Comments(0)
サイバージャパネスク 第334回放送 (7/31)
「Cyber Japanesque Unit KANADE」+冴沢鐘己でお届けする、
KANADE サイバー・ジャパネスク!
今回は、伴夫妻がきてぃちゃんのお迎えの為にお休みです。
「RED-POINT」から、みずぴょんが来てくれました♪
b0055921_19541269.jpg


山卯ピ君からは「フュージョン研究会〜シーズン2〜」第147回!

ジャズベーシスト界のバイブル、ジャコ・パストリアスを特集。
人気グループ、ウェザーリポートに加入する前のソロデビューアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』を紹介します!
b0055921_19463882.jpg

「Kuru/Speak Like A Child」を聴いて頂きました。
ジャコのKuruとハービー・ハンコックの名曲Speak Like A Childが交互に出てくる、スピード感溢れる楽曲です。
ジャコの高速フレージングとハービー・ハンコックのスウィングが聴き所です☆
素晴らしいストリングアレンジもジャコによるものです。
35歳という若さで亡くなられたのが悔やまれる逸材ですネ。

「ヤンヤン片多郎ゼ!ベイビー!!」
冴沢ボスに懐かしの歌謡曲を挙げて頂き、良き時代を再認識するコーナー
西城秀樹特集です!
b0055921_204236.jpg

今回は1981年9月5日発表の39作シングル「センチメンタルガール」を紹介します♪
ガールシリーズの第三弾です♪軽やかなヒデキです。

*そして、KCJからお知らせ。
番組中にも報告しましたが、「RED-POINT」は月イチ限定となりました。
基本、月の最終週の参加してくれる事に決まっております。
次は8月28日(水)の予定ですので、宜しくお願いしますm(_ _)m

じゃくそむさんからのお便りコーナー「お〜〜でぃお万歳!!」
(じゃくそむさんからのメールを紹介します)

今週はオーディオというか、ライトな旧ミニコンポ・ユーザー向け製品の紹介です。
マランツは、ネットワーク CD レシーバー「M-CR610」を 8 月下旬に発売!
価格は 69,300 円。
b0055921_13512946.jpg

本体前面には有機 EL ディスプレイを装備し、日本語表示にも対応し、
大きな文字で 3 行の表示が可能。
アーティスト名、曲名、入力ソースなどを一画面に表示できる。
Wi-Fi を搭載し、設定も簡略化されています。
また、オーディオ信号を優先的に伝送し、音切れを起こりにくくする
Wi-Fi Multi Media(WMM) という機能も搭載。
DLNA 1.5 にも対応し、AirPlay にも標準で対応。
ネットワーク・オーディオも得意ですね。

DLNA はハイレゾ音源にも対応しており、DLNA 対応 NAS 等から、
最大 192kHz/24 ビット音声のストリーミング再生が可能。
MP3、WMA、AAC、FLAC、WAV、ALAC に対応する。
CD レシーバーという名の通り、CD PlayerやFM/AMチューナーも搭載しています。
iPhone などの USB 接続にも対応しており、
全面と背面にある USB 端子と接続して音声を再生出来ます。
TVやゲーム機、BDレコーダー等と接続出来る光デジタル入力端子も装備!
スマートフォンからの操作が可能なアプリ「Marantz Remote App」もあります。
赤外線リモコンも当然付属します。

等と機能をずらずら並べてみましたが、個人的に気になったのが、
4ch のデジタルパワーアンプがあり、バイアンプ接続に対応していることです。
現代ではペア数万もしないスピーカーも接続端子がバイアンプ対応ですので、
ケーブルが二組も必要にはなりますが、バイアンプは魅力です。
まずはこのアンプ、つづいてバイアンプ可能な端子を持つスピーカー、
という風にアップグレードしてみるのも良いと思います。
みなさん、如何でしょう?

今回も1時間生放送で御送りしました☆彡
この番組のツイッター のハッシュタグは「 #kcj」です。
呟いて下さった方は番組中に紹介させて頂きます!
次回もよろしく御願いしま〜す♪
[PR]
by fmgig | 2013-08-01 20:05 | サイバージャパネスク | Comments(0)

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.