S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
京都のミニFM&インターネットラジオ局「fm GIG」の番組日誌
by fmgig
[fm GIG]
[24時間ネットラジオはこちらから]
[お便りはこちらから]
[fmgig.exblog.jp ]

このバナーをiTunesにドロップしてください
カテゴリ
全体
ムーンライト月曜
K☆G Vai pass
トワイライト水曜
ムーンライト水曜
ムーンライト木曜
ムーンライト金曜
ムーンライト土曜
サイバージャパネスク
きものらくらく三姉妹
サウンド・ストリーム
WAREEN
かのらじ
ほっとブレイク
GIGレポート
タグ
(472)
(438)
(416)
(140)
(120)
(115)
(115)
(52)
(47)
(43)
(33)
(26)
(25)
(22)
(22)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
☆fm GIG♪ INDEX
最新の記事
サイバージャパネスク 第58..
at 2018-05-18 12:12
サイバージャパネスク 第58..
at 2018-05-11 12:42
サイバージャパネスク 第58..
at 2018-05-07 19:18
サイバージャパネスク 第58..
at 2018-04-30 16:40
サイバージャパネスク 第58..
at 2018-04-23 12:17
サイバージャパネスク 第57..
at 2018-04-16 15:11
サイバージャパネスク 第57..
at 2018-04-06 11:12
サイバージャパネスク 第57..
at 2018-04-01 15:35
サイバージャパネスク 第57..
at 2018-03-27 10:12
サイバージャパネスク 第57..
at 2018-03-19 16:48
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
ブログパーツ
最新のコメント
門あさ美さんの ファッシ..
by 村石太マン at 15:12
岡西よ… 誰が「月曜の..
by きりおわたる@普通の人 at 10:33
中森明菜さん がんばって..
by 村石太マン at 19:22
平野綾さんの体調が心配で..
by アニメキャプコレ at 06:35
>>鈴風さん ぎゃっ ..
by fmgig at 13:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「新しいiPad」にも繋..
from DAWで行こう
フォロー中のブログ
冴沢鐘己の日々~You ...
GIG TV 番組案内
ひのりんのすっぴんダイアリー
Let's トモミニッツ♪♪
GIG的 POWER P...
小さな1ROOM
サーコのわいわいエプロン
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

かずよのアジアンミュージック
b0055921_1144133.jpg
今週は、香港の映画監督・ウォンカーウァイの映画音楽特集。

① 2046メインテーマ/梅林茂
② アダージョ/シークレットガーデン
③ 夢中人/フェイ・ウォン
④ Happy Together/ダニー・チュン

現在、ウォン・カーウァイ監督の最新作「2046」が劇場公開されています。完成までに5年、アジアを代表する俳優を集めた豪華キャスティングの中で、日本からは木村拓也が参加、等など話題が尽きない。
ウォン監督は、現在46歳。監督デビューは1988年。斬新な映像美・演出・ストーリーで、それまでの香港映画のイメージを一変した監督ですが、「映画の中で音楽はセリフと同じ力を持つ」と語る彼は、音楽にも造詣が深く、日頃からピンときた曲、映像を思い起こさせるような曲を温めておいて、機会があれば自分の作品の中で使うことを好んでいるそう。そんなウォン監督作品を彩る音楽を、今日は紹介。

バックで流れている音楽は、2046のメインテーマ、作曲は梅林 茂。彼は同じくウォン作品の「花様年華」や、中国のチャン・イーモウ監督の「LOVERS」等にも楽曲を提供。

2046のストーリー
結ばれなかった過去の恋愛を忘れられないトニーレオン扮する新聞記者が、女性と関係を重ねながら送る1960年代の日々と、彼が書き始めた小説、失われた愛を取り戻そうと「2046」という場所を目指してミステリートレインに乗り込んだ人々を描く近未来小説の世界が交錯するラブストーリー。

2046では、役者が撮影に入る前に、監督からそれぞれキャラクターごとに選曲された音楽を渡されていたとのこと。撮影前に聴いておくことがリハーサルの役割を果たすことになり、撮影中もその音楽を流し、映画の中でもその音楽を使用しているとのこと。

【2曲目】木村 拓哉が演じるキャラクターにあてて選曲された曲。この曲はウォン監督自身すごく好きな曲で、いつか映画で使おうと思っていたもの。この2046の中でついに実現となる。しかもキムタクで。

2046で、「俺と一緒に行かないか」とキムタクに囁かれるアンドロイド役を演じているのがフェイ・ウォン。彼女は、アジア女性シンガーとして初めてTIMEの表紙を飾った、アジアの歌姫と呼ばれるほど有名なアーティスト。初主演作は、同じくウォン監督の1994年の作品「恋する惑星」。トニーレオン扮する警官に恋する女の子を演じ、キュートな魅力をふりまき、鮮烈な印象を残した。この映画で香港映画や香港カルチャーに目覚めた人も多いはず。

【3曲目】「恋する惑星」のテーマ曲

最後の曲は、ウォンカーウァイ97年の作品「ブエノスアイレス」から。
この映画は、香港の裏側、アルゼンチンのブエノスアイレスを舞台に2人の男性の純愛を描き、この作品でウォン監督は、カンヌで最優秀監督賞を受賞。トニーレオンと今は亡き香港の大スター・レスリーチャンの2人が紡ぎ出す濃厚な時間と、2046にも出演のチャン・チェンが途中から加わることによって動き出していく物語が、ピアソラのタンゴ等の音楽をバックに美しく展開。

【4曲目】この映画の最後に流れつく曲

「アジンアミュージック」放送時間
〜月曜・水曜・日曜PM6:45、火曜・土曜PM12:45、木曜PM7:45 金曜PM1:45

小原かずよ

b0055921_11444642.jpg

[PR]
# by fmgig | 2004-11-17 11:44 | Comments(0)
今さら「残念!」と言われても…
 今回の「クマちゃんラジオ」のオープニングトークは波田陽区(よく知らないので字は適当)さんのお話になりました。なんの話だったかというと「歌出して売れているようだ」と、「残念!」て先にイカリヤで使ってたよな、と言う話。そう、結構芸人さんて歌を出していてそれがまた売れてたりするんですよね(人気のおかげでしょう)。ほいで、今人気が出てきて歌出しはったのがギター侍こと波田陽区さん。何か人気が出たきっかけの一つに「残念!」というギャグ(?)があったとかなかったとか。2,3年前(まだイカリヤが2人だったころ)にネタで「残念」という単語はよく使っておったのです。ただ、時期尚早だったのか使い方が悪かったのかあまりピックアップされなかったわけで…。でも、「残念」てみんなつかう言葉やしそれこそ来年の合格発表の時期には散々使われることでしょう。

 …「タイムショック大喜利」…
 一週間経つと必ずやってくるこのコーナー。当たり前のようにやっていますが、面白い発想というの当たり前のようには思い立たないわけで…。でも、仕事やから考えなあかんわけで…。でも、仕事だからといって面白いことを考えてるわけでもなく…。それこそ、自然の摂理のようなもので…。まぁ、とりあえず聴いてみて下さい。

 そして、前回から始まった「イカリヤ名店街」。今回は昔ながらのお風呂屋さんをレポートするわけですが…。えーと、最終的にお風呂屋さんだったのか、今回のコントは?

 はいはい、続きまして…なんやったっけ?え〜と、なんかぁ「控え室にて」とかいうタイトルが付いてたような。そいでもって、4人が何かの役になりきって会話を繰り広げると広げないとか。これだけ忘れかけてるのでー、来週もー、あるかどうかはー、わかりません〜。

 あっ、「三宅良くんのギャグ発表会」だ。今回のギャグは「おかき」と「矢印」。これだけではどんなギャグなのかわからないと思いますので、八木大記ちゃんによる日本語訳(ギャグがどこの言葉かはわかりません)を。
 「おかき」:とても固っかったのでしょう
 「矢印」:そっちの方に行ってしまいます
 これでもギャグの使用法がわからない方は連絡下さい。懇切丁寧に教えて差し上げます。(誰が得すんねん?)

 はい、エンディングトークの時間です。ホントにもう、八木大記ちゃんはギャグ発表会で笑いすぎです。自分で読んでいながら笑うのです。誰か解決法を教えて下さい。
 コメントに書き込んでいただければ有り難いです。

                  イカリヤ 三宅良くん
[PR]
# by fmgig | 2004-11-17 04:13 | Comments(1)
Indies Finder
b0055921_11293348.jpg
今週(16〜22日)紹介するのは、GIGのイベントに出演していただいたことがあるこの3組

「The World I'm Looking For」イイダサトミ
京都は綾部出身で、現在横浜在住。小柄でチャーミングなルックスながらボーカルスタイルはパワフル。学生時代からバンドコンテストで最優秀ボーカル賞を獲得するなど歌唱力は折り紙付き。打ち上げのカラオケで聴く「キューティーハニー」も絶品。

「Strawberry Healing」天球ぴんぽんず
まさに個性的とはこのバンドのこと。ごろしば&ぴあぴの実力派ボーカル2人が、即興で繰り広げるライブパフォーマンスは、抱腹絶倒にして感動的。その上オリジナルソングは繊細で美しい。日本最大のロックバンド「天才ばかばんど」も率いて、日本全国でゲリラ的に活動中。

「Blance Of Power」Counter Parts
福島県在住のプログレッシブロックバンド。確固たる演奏力と息の合ったアンサンブルから生まれるサウンドはまさに骨太。辛口の社会性と雄大なロマンチシズムを兼ね備えた歌詞も魅力的で、‘大人の男のロック’と呼ぶにふさわしい。普段の皆さんはとても気さくで家族思い。やっぱり大人なのだ。

エンディングは僕の曲「異端者(アンファン・テリブル)」でお別れ。皆さんからのおすすめバンド情報もお待ちしています。

冴沢鐘己

「Indies Finder」放送時間
〜月曜・水曜PM1:30、火曜・土曜PM7:30、木曜PM6:30 日曜PM5:30


音楽
[PR]
# by fmgig | 2004-11-17 01:05 | Comments(0)
Stylish Noise〜11月3週目
b0055921_1493483.jpg
●もうすぐチケットが発売される来年来日アーティスト

Rachael Yamagata / worn me down
アメリカのヴァージニア州生まれ。
名前からもピンとくるように、日系の父親とイタリア系の母親を持つ彼女。
豪華なプロデュース陣を迎えた事もありますが、彼女のヴォーカリストとしてソング・ライターとしての表現力に魅了されアメリカでは注目のアーティストになっています。
Bjork、Norah Jonesなどを思い起こさせるような力強い歌声に今後の活躍が期待されます!
12月8日に通常版日本デビューアルバムが発売され、1月28日に大阪クアトロで来日公演があります!生でぜひ聞いてみたい〜

rasmus / Guilty
なんと!ラスマスも来日が決定しました!!
日本ではデビューは遅いものの、キャリアの長い彼らのパフォーマンスには期待です!!!
来年の2月3日にBigCatで行われます!当日ヴォーカルのラウリはいつも頭に付けている羽を付けてくるんでしょうか?

Avril Lavigne / Nobody's Home
アヴリルも来日公演決定!今回関西では来年の3月に大阪城ホールと神戸のワールド記念ホールの2カ所で開催されます。
前回もすぐにsold outしたので会場が増やされたのでしょうね!
今回のこの曲では金髪の上品なアヴリルと黒髪のアヴリル2パターン見る事ができます。
でも...もともと細かったですけど、最近ほんとに細くないですが!?
体調は大丈夫かな〜と少し心配になります。

produced by 山田雪枝
DJ おのあきこ

「Stylish Noise」放送時間
〜月曜・土曜・日曜PM8:00、水曜深夜12:00、木曜深夜2:00、金曜PM11:00

音楽
[PR]
# by fmgig | 2004-11-16 14:09 | Comments(0)
お腹一杯!
b0055921_304694.jpg
今日のお昼はサチと一緒にホットサンドを食べました♪
その後クレープとワッフルが出てきたんやけど、とてもやないがお腹ぽんぽんでムリ!
でもサチは私の分までキレーに平らげてくれました。

サチ「おいしーのに食べへんの?」
マリ「いや~、お腹苦しくて」

サチ「モグモグ・・・・こんなにおいしーのに・・・・食べへんの?」
マリ「おいしーのは分かってる」

この繰り返し。

オープニングナンバーは「秋の夜長に聴きたい曲」リクエストいただきました♪
p.n ゴールドラッシュさん
Heart Strong/ Silvertide

「くるみの諸行無常」
~紹介したことわざ~
・日本「人に勝たんと欲する者は、必ず先ず自ら勝つ」
・外国「おのれを制するものは、やがて人を制する」

「サチの疑問解決」
今回の疑問は・・よ~するに人の相性みたいなもんかな?
よっていきやすい人とよっていきにくい人がいるでしょ?そんなお話し。
[PR]
# by fmgig | 2004-11-16 00:37 | Comments(0)
ビっツ!ステーション:『イベント最終告知!!』(11月3週目)
b0055921_2565621.jpg
ビっツ!ステーションは
コスプレ情報番組「コスプレイディオ」を中心に
アニメ、漫画等のことを話していく番組です。

今週の内容は・・・
「コスプレイディオ」はイベント告知
来る11月23日に行われる
ビっツ!田中がスタッフをするイベント、
『ふぉぱンだ!』の最終告知をいたしました。

実際、事前登録されている方は2人・・・
大丈夫なのだろうか・・・

もしこれをごらんの皆さんでお暇な方は是非
地下鉄中央線、JR環状線 弁天町駅下車 徒歩7分の
港区民センターに御越しください。
開場は10:00〜
開演は11:00〜です。
入場料は当日1,500円
(事前登録は1,200円です)

詳しいお問い合わせは、こちらまで。

コーナーエンディングは
曲名/アーティスト名

You May Go榊 太郎(小杉十郎太)

続いて「コスプレダンパへの道」は
イベントで使用しようと考えている曲をお送りしております。

曲名/アーティスト名

Psychic Energy/矢野かおり
EVER AND EVER/QUEEN OF TIMES
ぴんく、ピンク、PINK!山野さと子

とにかく、イベントが迫っております。

もし、お暇な方は是非イベントへ足をお運び下さいませ〜
m(__)m

表記:ビっツ!田中
[PR]
# by fmgig | 2004-11-15 23:59 | Comments(0)
2004/11/15 (月) 『今日のビっツ!アニソンはちょっとベタ!?』 〜ムーンライト月曜日〜
b0055921_2535224.jpg
今日の特集のテーマは「ガンダム」

実はワタクシ、ビっツ!田中はガンダムについてはあまり知識が無いのです・・・(汗)

今夜のゲストの展子さんや、リスナーの皆様のメールに助けられ、
何とか2時間乗り切ることができました〜

展子さん、にしむらさん、とらぱんさん
誠にありがとうございました〜
m(__)m

今週ご紹介した曲は
曲名/アーティスト名

行け ザンボット3/堀 光一路
砂の十字架/やしきたかじん
水の星に愛を込めて/森口博子
シャアが来る/堀 光一路
スターチルドレン/やしきたかじん
STAND UP TO THE VICTORY〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜/川添智久
きらめきのララァ/戸田恵子
哀 戦士/井上大輔
ぺ・ぺ・ぺのぺ/西村智博、立木文彦
めぐりあい/井上大輔

かなりベタな選曲になってしまいましたね〜・・・(汗)

また、東京有馬ストーリーのおもしろ目撃情報大賞は、
ペンネーム とらぱんさんの、

『渡辺サチコ様と日野林さんと石橋さんがしゃべっていました。

日野林「なべ様 なべ様! 田中さんが、アニソンをかけすぎて進行表を無視しています!」

渡辺「演歌もかけんかい! 田中朱貴!」

石橋「なべ様 なべ様!三宅さんが、日本の国旗の色を赤と緑に変えろ!と叫んでいます。」

渡辺「バングラデシュに行け! 三宅!」

日野林「なべ様 なべ様!冴沢さんが、帽子を忘れたから 取りに帰ると自宅に向かいました。」

渡辺「おやつにジュースも 買ってこい! 冴沢!」

と新しい CMを取っていました。』

に決定しました。
おめでとうございます!!


ムーンライトブレイク月曜では、皆様からの
GIGメンバーの架空の目撃情報をお待ちしております。
info@fm-gig.net
「東京有馬ストーリー」係まで
お便りくださいませ〜
m(__)m
b0055921_19592984.jpg

表記:ビっツ!田中
[PR]
# by fmgig | 2004-11-15 23:59 | ムーンライト月曜 | Comments(0)
弐回目 はんナチュと。
マリ&みわっちがお送りする~「はんナチュと。」
第2回目☆今回もはんなりと自然体でトークを楽しんでおります◎20分てアッと言う間ですわ~話し出すと止まらないのが女の子の宿命ってのかしら(笑)

◎ぱじゃまトーク
ムーンライト水曜でおなじみ!?のコーナーですよん。
今回のテーマは「友達と友達の喧嘩の間に挟まれたらどうする?」テーマというかみわっちがマリちゃまに相談した感じです。
マリちゃんから友達としての素敵なお言葉を頂きました^^皆さんならどうしますか~?・・!

◎今週のハッピー&アンハッピー
今週のハッピー話はみわっち☆☆アンハッピー話はマリちゃん××;

みわっちのハッピー話☆☆改めて妻夫木聡くんはカッコイイと思えた^^小さなハッピー話。。。ですが大興奮のみわっちです
マリチャンのアンハッピー話×××まりちゃんのアンハッピー話は、常識に欠けちゃいますね話!マリチャンは皆さんご存知だと思いますが、さちぼんと「くるみ」で活躍中のミュージシャンです!ライブの後に起こった、対バンさんの非常識なお話です!これは是非お聴きください!!!

と言うてる間に・・・お時間が~~ はんナチュとでした☆次回までサヨナラ~

「はんナチュと。」は
毎週 月:24:00~24:20  火:26:00~26:20  木:20:00~20:20放送中
miwaっちでした 

b0055921_049080.jpgb0055921_0484799.jpg

                                           
[PR]
# by fmgig | 2004-11-15 22:57 | Comments(0)
今回は声だけのゲスト!のおかげで都々逸を解説。
 都々逸2回目なのです前回は都々逸の歴史について(主に都々逸坊扇歌のことを)お話ししたのですが(詳しくは前回のブログを参照して下さい)、今回も同じ事を喋ってやろうと思いましたが「それはイカン!」と邦楽の神様がおっしゃるので「やってやろうじゃないかっ!」と奮起して都々逸パート2に取り組みました。なので、今回の「京都邦楽見聞録」も聴かないと損ですよ(損かどうかは聴いてみないとわかりません)。
 
 さてさて、都々逸第二弾としましてさらに深く都々逸についてお話していきたいと思います。というわけで今回も「端唄屋・笹木美きえ」さんの助けをお借りして送る「京都邦楽見聞録」なんですが、今回のタイトルを見ていただいてもわかるように声だけのゲストが来ておられるのですっ!それは誰かというと?聴いた人だけがわかるようにしたいので教えません。(前のムーンライトブレイク火曜日のブログもそんなこと書いてたなぁ)教えます、ちゅうか「京都邦楽見聞録」ヘビーリスナーならばおわかりでしょう。そう、笹木美きえさんが声だけのゲストです。

 都々逸を少し掘り下げていくために知っておかないといけないことが一つ。都々逸には「七・七・七・五」の句を作り、それを唄にのせて唄うのです(基本形)。その中でもまたルールがあるようで、最初の七が「三、四」にわけ、次の七が「四、三」、次がまた「三、四」で「五」と。細かく分かれているようです。都々逸をよく聴いてみるとこの形にわかれているのに気がついてもらえると思います(勿論、例外もあります、字余りとか)。このへんをふまえると自作の都々逸を作って唄いやすいと思いますよ(作ったことも、唄ったこともない奴が言うことではありませんが…)。

 最初は高杉晋作が作ったと伝えられている
「三千世界の 鳥を殺し 主と朝寝が してみたい」(基本形)
 と
「そっと裏から 帰しておいて 後から出します わび手紙」(唄い出しが低音の形)を唄っていただいた音源をかけさせていただきました。(テープ音源ですので弱冠音質が悪いのですが迫力のある歌声です)とてもわかりやすく唄って下さっているので、聴きわけやすいですよ。
 そして
「雨戸を叩いて もうし 〜酒屋さん、酒屋さん、夜分遅くすみません〜
 呑んでくだ巻かぬような 酒くだしゃんせ」(変形型「せりふ入り」)
 で、最後にかけたのは
「粋も無粋も 見りゃ間夫気取り
 『恋の分け里 武士も道具を伏せ編み笠で 張りと意気地の吉原
  花の都は 唄で和らぐ 敷島原に 勤めする身は 誰と伏見の墨染め』
 色もしらじら 明けの鐘」 (あんこ入り)
 はい、最後は「あんこ入り」という形のもので、都々逸の中に他のジャンル(長唄・小唄・常磐津・清元等)の1フレーズを取り入れてみたりする形式の事です。今回のあんこ入りは『』の部分です。この一節は長唄の「娘道成寺」からの一節です。
 
 というわけで、都々逸の様々な形を今回はお話しさせていただきました。
 この場をおかりしまして「端唄屋・笹木美きえ」様に感謝の言葉を述べさせていただきます。「有り難うございました!」
 皆さんも一度GIGのリンクから笹木美きえさんのホームページに遊びに行ってみて下さい。もちろん、他の邦楽関係のホームページも必見です。

 今回の邦楽イベント情報は
イベント名:女流義太夫演奏会
日時:11月24日(水)6時半開演
場所:国立劇場演芸場 
  地下鉄 有楽町線・半蔵門線 永田町駅下車5分
  都バス 都03(晴海埠頭〜四谷) 三宅坂国立劇場前
入場料:2500円、学生1500円 全席自由席
事前予約の有無:無
PR:仮名手本忠臣蔵 人間国宝の竹本駒之助による「判官切腹の壇」
年に1度のきらびやかな総掛け合いによる「祇園一力茶屋の段」を
上演いたします。
義太夫協会ホームページ 

■ 2004年11月27日(土) 五世篠塚梅扇を偲ぶ 京舞篠塚流の会

とき: 平成16年11月27日
午後12時開演(午前11時30分開場)
ところ: 先斗町歌舞練場
入場料: 5,000円(前売り 4,000円)
主催 京舞篠塚流
京舞篠塚流後援会
後援 京都府
京都市
京都市芸術文化協会
お問合せ 京舞篠塚流
京都市左京区吉田近衛町二十四
075-771-4693

 です。ぜひ、足をお運び下さい。

               三宅 良
[PR]
# by fmgig | 2004-11-15 20:02 | Comments(0)
サウンド・ストリーム〜1990年
b0055921_113177.jpg
最初のコーナーは、「インディーズ・コレクション」ランキング1位の曲をお届け。
今週は、先週「ムーンライト・ブレイク」で注目曲として紹介したSUPAHAZEの「HAPPY CRAZY TIME」が赤丸急上昇で初の1位をゲット!
季節は冬だけど、レゲエです。
残念ながら1位を陥落したTOMETOHEADですが、なんと今週はこの番組宛に生声メッセージをいただきました。ちょっと宇宙船からっぽい(?)仕上がりです。

今週はそのままゲストコーナーへ突入!
京都を中心に、ピアノの弾語りで活躍中の白波瀬みきさんが登場。とても親しみやすいお姉さん♪ 曲もとてもきれいで爽やかなのに、とっても活動的で、最近は東京方面でも活躍しているそうです。アコースティック好きの方は要チェック!
詳しくは公式ホームページまで♪
b0055921_171774.jpg


続いては「タイムトラベル」のコーナー。
今週は1990年特集。なんといってもこの年は‘花博’!
かろうじて最終日に僕も行ったよ♪
その他、コーナー担当の藤井希三枝ちゃんが注目したのは、‘スーパーファミコン’と‘カラオケボックス’。
あと1990年は、希三枝ちゃんによればバブルの崩壊が始まった年らしいんだけど、記憶的にはまだまだ浮かれまくってた時期で、ヒットした曲も、なんつうか能天気な感じのが多いのだ。そんな中では、比較的しっとり聴ける曲を選曲。
個人的に、この頃の洋楽には全く思い入れがないので、今週は洋楽のオンエアーはなしです。

詳しくは、来週(15日)からのローテーション放送をお聞きください♪

今週紹介した曲は・・・
「HAPPY CRAZY TIME」SUPAHAZE
「ストリートミュージシャン」白波瀬みき
「少年時代」井上陽水
「浪漫飛行」米米クラブ

来週は、たぶん1994年。
ついこのあいだやん。
気になるエピソードとかリクエスト、お待ちしています♪
冴沢鐘己


音楽
[PR]
# by fmgig | 2004-11-14 01:06 | サウンド・ストリーム | Comments(0)

fm GIG ロゴ

 

 

Copyright(c)1999-2007,fm GIG all rights reserved.